当前位置:首页  >  导航  >  其他类别  >  临床医学  >  康复医学

论文范文:《残疾人人权与康复训练》翻译实践报告

时间:2022-06-23来源:康复医学

近年来随着医疗事业的蓬勃发展,康复医学应运而生。一直以来我国政府对残疾人 康复保健、心理健康、社会再就业等方面给予了高度关注,而日本在此方面处于世界领 先地位。本次翻译实践报告的目的是希望能够让更多人了解日本残疾人人权与康复训练 的相关知识,介绍日本在医疗福利事业等方面的先进经验,从而促进我国福利事业的发 展,并为今后同类文本的翻译提供一些帮助。 本次翻译实践报告的文本选自高桥流里子女士的《障害者の人権とリハビリテーシ ョン》(《残疾人人权与康复训练》)一书,笔者选取了其中的第三章和第四章,不仅 从医疗、教育、职业、社会等方面对日本的残疾人综合援助体系和社会保障事业进行了 全面介绍,而且着重讲述了康复医学领域的专业知识和技能,涵盖范围广、专业性强、 借鉴意义十分广泛。 本次翻译实践报告分为五个部分:第一部分是引言,主要讲述了翻译实践的背景、 意义、以及翻译实践报告的主要内容。第二部分对笔者的翻译实践活动进行简介。第三 部分包括文本分析、译前准备以及翻译策略研究。第四部分的案例分析是本次翻译实践 报告的重点,探讨了翻译实践中遇到各种问题。词汇的翻译主要从专业术语和中日同形 词两方面进行研究,其中专业术语的翻译归结为汉字词、外来语、缩略语三类,中日同 形词的翻译归结为词义相近和词义不同两类。句内注的翻译根据注释所起到的不同作用, 分为了同义替换、列举、补充信息、解释说明、概括总结五类。长句的翻译分别从逻辑 复杂长句和长定语长句两方面进行浅析。整个翻译过程中,笔者都以尤金・奈达的功能 对等理论为指导,综合运用增译、减译、添加注释等翻译技巧来解决实际问题。第五部 分笔者对翻译实践进行总结,谈论翻译感想以及存在的问题与不足。
功能对等理论 专业术语 中日同形词 句内注 长句的翻译
近年来随着医疗事业的蓬勃发展,康复医学应运而生。一直以来我国政府对残疾人
康复保健、心理健康、社会再就业等方面给予了高度关注,而日本在此方面处于世界领
先地位。本次翻译实践报告的目的是希望能够让更多人了解日本残疾人人权与康复训练
的相关知识,介绍日本在医疗福利事业等方面的先进经验,从而促进我国福利事业的发
展,并为今后同类文本的翻译提供一些帮助。
本次翻译实践报告的文本选自高桥流里子女士的《障害者の人権とリハビリテーシ
ョン》(《残疾人人权与康复训练》)一书,笔者选取了其中的第三章和第四章,不仅
从医疗、教育、职业、社会等方面对日本的残疾人综合援助体系和社会保障事业进行了
全面介绍,而且着重讲述了康复医学领域的专业知识和技能,涵盖范围广、专业性强、
借鉴意义十分广泛。
本次翻译实践报告分为五个部分:第一部分是引言,主要讲述了翻译实践的背景、
意义、以及翻译实践报告的主要内容。第二部分对笔者的翻译实践活动进行简介。第三
部分包括文本分析、译前准备以及翻译策略研究。第四部分的案例分析是本次翻译实践
报告的重点,探讨了翻译实践中遇到各种问题。词汇的翻译主要从专业术语和中日同形
词两方面进行研究,其中专业术语的翻译归结为汉字词、外来语、缩略语三类,中日同
形词的翻译归结为词义相近和词义不同两类。句内注的翻译根据注释所起到的不同作用,
分为了同义替换、列举、补充信息、解释说明、概括总结五类。长句的翻译分别从逻辑
复杂长句和长定语长句两方面进行浅析。整个翻译过程中,笔者都以尤金・奈达的功能
对等理论为指导,综合运用增译、减译、添加注释等翻译技巧来解决实际问题。第五部
分笔者对翻译实践进行总结,谈论翻译感想以及存在的问题与不足。
关键词:功能对等理论 专业术语 中日同形词 句内注 长句的翻译
I
要 旨
『障害者の人権とリハビリテーション』翻訳実践報告書
近年、医療事業発展につれ、リハビリテーション医学が時代に応じて登場した。中
国政府も、障害者のリハビリテーション·保健、メンタルヘルス、社会再雇用などに
大きな関心を寄せている。そして、世界各国の中で、日本はこの分野において一流レ
ベルに達している。本翻訳実践報告書は、日本の障害者人権とリハビリテーションに
関する知識を大衆に広げ、日本の医学福祉事業などにおける先進的経験を紹介し、中
国の福祉事業の発展を促進し、今後の同類テキストの翻訳に役立つことを目的とする。
本翻訳実践報告書のテキストは、高桥流里子氏の『障害者の人権とリハビリテーシ
ョン』の第三章と第四章である。この二章は、医学、教育、職業、社会などの視点か
ら日本の障害者総合的援助体系と社会福祉事業を全面的に紹介し、そして重点として
リハビリテーション医学の専門知識や技術を述べた。内容が豊富で専門性も高く、参
考する価値が十分にあると思われる。
本翻訳実践報告書は五つの部分に構成されている。第一部分は序言であり、翻訳実
践の背景、意義と翻訳実践報告書の主な内容を説明した。第二部分は筆者の翻訳実践
活動について紹介した。第三部分は、テキストの分析、翻訳前の準備、翻訳理論研究
である。第四部分は本翻訳実践報告書の中心内容であり、翻訳中の各問題を検討した。
語彙の翻訳では専門用語と中日同形語両方から研究した。具体的には専門用語の翻訳
は漢語、外来語、略語三種類に、中日同形語の翻訳は類義語、異義語二種類に総括し
た。文中注釈の翻訳では注釈の異なる役割により、同義の置き換え、列挙、情報補足、
解釈説明、概括総括など五種類に分けた。長文の翻訳では論理的な複雑の長文と長い
連体修饰節をもつ長文両方から簡単に分析した。全翻訳過程において、筆者はユージ
ン・ナイダの等価理論のもとで、増訳、減訳、注釈などの翻訳テクニックを活用し、
実際問題を解決してみた。第五部分は、筆者の翻訳実践のまとめであり、翻訳感想、
問題点と不足点を検討した。
キーワード:機能的等価理論 専門用語 中日同形語 文中の注釈 長文の翻訳
II
目 录
摘要.................................................................................................................................I
要旨............................................................................................................................... II
第 1 章 引言..................................................................................................................1
 1.1 翻译实践的背景和意义..................................................................................1
 1.2 翻译实践报告的主要内容..............................................................................1
第 2 章 翻译实践简介..................................................................................................3
第 3 章 文本分析和译前准备......................................................................................4
 3.1 文本分析...........................................................................................................4
 3.1.1 文本内容分析.........................................................................................4
 3.1.2 文本类型分析.........................................................................................4
 3.1.3 文本语言特点分析.................................................................................4
 3.2 译前准备...........................................................................................................5
 3.3 翻译策略..........................................................................................................6
第 4 章 案例分析..........................................................................................................7
 4.1 词汇的翻译.......................................................................................................7
 4.1.1 专业术语的翻译.....................................................................................7
 4.1.1.1 汉字词专业术语...............................................................................7
 4.1.1.2 外来语专业术语...............................................................................8
 4.1.1.3 缩略语专业术语.............................................................................10
 4.1.2 中日同形词的翻译...............................................................................11
 4.1.2.1 词义相近.........................................................................................11
 4.1.2.2 词义不同.........................................................................................12
 4.2 句内注的翻译.................................................................................................13
 4.2.1 同义替换...............................................................................................14
 4.2.2 列举.......................................................................................................15
 4.2.3 补充信息...............................................................................................16
 4.2.4 解释说明...............................................................................................17
 4.2.5 概括总结...............................................................................................17
 4.3 长句的翻译.....................................................................................................19
 4.3.1 逻辑复杂长句的翻译...........................................................................19
 4.3.2 长定语长句的翻译...............................................................................21
第 5 章 结语................................................................................................................24
 5.1 翻译实践总结.................................................................................................24
 5.2 翻译感想.........................................................................................................24
 5.3 问题与不足.....................................................................................................25
参考文献......................................................................................................................26
附录
附录 1 原文/译文对译................................................................................................27
附录 2 术语表..............................................................................................................58
致谢..............................................................................................................................60
大连外国语大学硕士学位论文原创性声明和使用授权书......................................61
第 1 章 引言
1.1 翻译实践的背景和意义
残疾人因为在智力、肢体、感官等方面存在缺陷,无法进行正常生活,难以从事生
产活动,一直被认为是社会弱势群体。为了缓解现状,我国政府以法律的形式保障残疾
人人权,尊重残疾人主体地位,不断完善残疾人基础设施建设,尤其在残疾人康复保健、
心理健康、社会再就业等方面也投入了巨大的关注。随着医疗事业的蓬勃发展,近年来
康复医学应运而生。康复医学力求减轻、消除人的功能障碍,弥补功能缺失,通过康复
训练,残疾人不仅能够恢复身体机能,独立完成各项活动,甚至可以独立从事生产劳动。
日本在医疗保健、社会福利等方面一直处于世界领先地位。
《障害者の人権とリハビリテーション》(《残疾人人权与康复训练》)的作者是高
桥流里子女士,40 年来她一直致力于社会福祉和医学康复研究,对于残疾人康复治疗有
着丰富的理论和实践经验。她在书中介绍了康复训练的发展史,以及医学、教育、职业、
社会等方面的残疾人综合援助体系。目前,我国正处于大发展、大变革的关键时期,在
医疗福利等方面有着广阔的发展空间,如何掌握先进的康复治疗技术,经济、高效地开
展人道主义援助也是今后的重要课题,因此笔者选取该文本进行翻译实践,希望通过此
书,能够让更多人了解日本的残疾人人权与康复训练的相关知识,不断提高我国残疾人
医疗福利待遇水平,并为今后同类文本的翻译提供一定经验。
1.2 翻译实践报告的主要内容
《障害者の人権とリハビリテーション》(《残疾人人权与康复训练》)一书共七章,
笔者的翻译实践报告选取了该书的第三章和第四章。第三章宏观地介绍了康复训练的综
合援助体系,让读者对于日本的康复治疗体系有了较为全面的了解。此外,由于我国残
疾人福利事业起步较晚,很多方面尚待完善,日本科学、完善的援助体系,为我们提供
了宝贵的经验。第四章重点介绍了日本的康复医学领域,在福利保障事业方面攻坚克难,
关键在于治本,而医学则是综合援助体系的重中之重。因此,笔者的翻译实践报告选取
了以上两个章节。
在正文中,笔者将本次的翻译实践报告分为了五个部分:第一部分为引言。主要概
括翻译实践的背景、意义以及翻译实践报告的主要内容。第二部分为翻译实践简介。主
要介绍了翻译内容的选取以及翻译实践进展情况。第三部分为文本分析、译前准备和翻
译策略。笔者从内容、类型、语言特点等方面对文本进行介绍,制定总体翻译策略。第
1
四部分为案例分析。案例分析是本次翻译实践的中心环节,是笔者对翻译实践中遇到的
典型问题进行分析、总结的过程,并在功能对等理论的指导下,从词汇的翻译、句内注
的翻译、长句的翻译三方面理论联系实际加以分析,探讨解决问题的办法。第五部分为
结语。笔者结合自身翻译实践,总结翻译过程中遇到的困难,指出自身不足及今后努力
的方向。
2
第 2 章 翻译实践简介
本次翻译实践文本节选自《障害者の人権とリハビリテーション》,翻译实践报告
中将其翻译为《残疾人人权与康复训练》,作者高桥流里子女士还著有《障害者福祉を
学ぶ》《地域リハビリテーションの理論と実践》等。本书第一章概述了康复训练的主
要内容,第二章讲述残障及残疾人所处环境,第三章主要叙述了综合援助体系下的康复
训练,第四章为康复医学,第五章为社会康复,第六章为康复治疗的实际情况,第七章
为今后课题。在全书的七个章节中,第三章、第四章是书中的核心部分。相比较而言,
其余各个章节叙述比较笼统,医学特色不够鲜明,重要程度较低,借鉴意义不大,所以
笔者没有选取其进行翻译实践。
本次翻译实践主要分为三个阶段:译前准备、翻译过程中、译文校对。译前准备阶
段,笔者制定了详细的翻译计划,准备好词典等辅助工具,阅读相关书籍,积累背景知
识。翻译过程中,着重发现问题,分析、总结问题,结合文本具体内容查阅相关文献,
查找平行文本,探寻解决办法。在译文校对阶段,首先依照日语原文校对译文,检查译
文是否有漏译、误译、错译以及语言表达不够充分的地方。其次,对中文译文进行校对,
检查中文表达是否有逻辑混乱、语义不明、不合符汉语语言表达习惯的地方。随后,与
同专业同学互相校对,查找不足,不断完善译文。最后,寻求医学专业同学的帮助,确
保译文的准确性。
3
第 3 章 文本分析和译前准备
3.1 文本分析
3.1.1 文本内容分析
本次翻译实践节选自《残疾人人权与康复训练》一书。本次翻译实践报告选取的三、
四章节主要内容可以概括为:目前日本已经建立了医学、教育、职业、社会等各方面相
结合的残疾人综合援助体系。在这个体系中,医学康复治疗是残疾人康复训练的关键环
节,康复医学知识不仅可以帮助我们探索残疾人的各项生理功能,还可以判断残疾人的
障碍程度,以此配备与其功能障碍相符的康复器材,帮助残疾人应对功能障碍,恢复身
体机能,最终实现独立生活和生产。
3.1.2 文本类型分析
英国翻译理论家彼得·纽马克(2001)在他的文本功能分类理论中,将文本类型分
为了“信息型文本”“表达型文本”“呼唤型文本”三种。信息型文本一般来说知识性、
观点性、逻辑性较强,重视语言的信息功能。《残疾人人权与康复训练》一书涉及医疗、
社会保障等各方面的专业知识,文中包含了很多专有名词和专业术语,信息量大,专业
性强,因此,本文符合信息型文本的特点。其次,《残疾人人权与康复训练》一书通过
概念阐述与具体事例相结合的方式,对障碍的成因、种类、特点以及康复治疗的内涵、
发展进行详细介绍,说明了事物的本质、特征及其规律,书中还穿插了大量表图,不仅
帮助读者了解到残疾人康复治疗相关知识,还具有科学性和条理性,充分地起到了解释、
说明的作用,因此该文本符合说明文的特点。
综上所述,本次翻译实践所选文本,从文本类型上来看属于信息型文本,从翻译体
裁来看属于说明文。
3.1.3 文本语言特点分析
纵观全篇,笔者所选翻译实践文本主要具有以下特点:
1.专业术语较多,中日同形词丰富。文中不仅出现“仙髓”“廃用症候群”等汉字词,
同时还具有“ジストロフイー”“ギャッチベッド”等外来语,以及“SFA”“ILO”等
英文缩略语,形式多样。康复治疗与医学领域密切相关,因此书中不可避免会涉及很多
人体组织名称、疾病名称、药物名称等。数量庞大、类型多样的词汇为笔者进行翻译实
践带来了一定难度。
2.文中出现大量的句内注。笔者所选翻译文本中句内注出现频率高达 47 次,且意义
4
各不相同,为了恰如其分地处理这些句内注,笔者从同义替换、列举、补充信息、解释
说明、概括总结五方面进行浅析。翻译句内注时不仅要充分明确语义,还要结合适当的
翻译手法对语句进行整合。
3.长句逻辑关系复杂,层次丰富。笔者所选翻译文本中,长短句并存,句式类型丰
富,以包含并列、转折、因果、条件等逻辑关系复杂的长句和长定语长句最具特色。因
此,如何更加清晰、自然地对长句进行翻译,也是翻译实践的重点内容。这就要求笔者
在翻译时客观分析、精准定位,既忠实于原文,又通顺自然,不失其逻辑性。
4.专业性强。该文本涉及医学、生物学等领域的专业知识。比如解释脑黑质神经细
胞病变,脑瘫的具体成因以及分型等问题时,如何使用正确的医疗用语对专业信息进行
专业表达也是翻译活动的一大难点。因此,在保证源语理解准确,译入语表达通顺的前
提下,要最大限度地体现出翻译文本所具有的专业特点。
3.2 译前准备
1.拟定翻译计划。笔者通过图书馆、日文网站等平台对翻译文本进行筛选,选定了
《障害者の人権とリハビリテーション》(《残疾人人权与康复训练》)一书。通读全文
后,笔者对书籍的叙述内容有了整体把握。最终选取书中第三章、第四章进行翻译实践。
之后,笔者对论文的框架结构进行构思,拟定翻译计划,包括具体步骤和时间安排等等。
2.掌握相关背景知识。该文本涉及医疗、保健、社会福利等各方面的专业知识,在
日常学习和生活中笔者对于这些领域涉猎较少,因此为了保证翻译的可行性和译文的准
确性,笔者从图书馆借阅了该领域的词典和书籍,参考相关文献,查阅相关网站,了解
了一些康复训练常识,具有了一定的知识储备。
3.反复通读原文。为了保证译文更准确自然地贴近原文语言表达风格,不失原文特
色,以及翻译实践活动能够高效率地进行,笔者反复通读了所选翻译文本,在阅读的过
程中将理解比较困难的单词、短语和相关语句标记出来并进行整理。
4.选用翻译辅助工具,将纸质工具与电子工具相结合。笔者利用《大辞林》(三省堂,
2012)、《明解 看護用語辞典》(メチカルフレンド,1973)等词典查找日语源语帮助理
解,使用《现代汉语大词典》(上海辞书出版社,2007)对一些汉字表达进行校验,借
助《医用日语外来语词汇:日英汉对照》(人民卫生出版社,1997)等查阅外来语及英
文缩略语,翻译难度较大时,还需要先找出外来语的英文表达,再通过英汉转换理解该
词的含义。此外,为了保证译文的严谨性,打破纸质工具的局限性,笔者还充分使用诸
如 Bing、Wikipedia、Baidu 等电子检索工具以及知网等数据库查找纸质词典中所不具备
5
的信息,弥补信息缺失,确保译文准确严谨。
5.阅读并掌握相关翻译理论知识。为进行翻译实践,笔者阅读了《翻译问题探讨》
(上海外语教育出版社,2001)、《新编日译汉教程》(大连理工大学出版社,2005)、《 文
学翻译批评研究》(译林出版社,2012)等翻译理论方面的相关书籍,查阅了关于翻译
策略、方法和技巧的相关文献。结合文本内容、文本类型、文本语言特色后,对比分析
各种翻译理论,最终选定功能对等理论为全文的指导思想。
3.3 翻译策略
笔者所选本文属于说明文类信息型文本,以传递信息为主要目的,因此笔者决定从
文本功能出发,寻找合适的翻译策略和方法。诺德(2001)指出功能翻译理论是专注于
文本与翻译的一种或多种功能的研究。贾文波(2004)认为文本功能和翻译策略之间的
确有密切的联系,应用翻译体裁大多注重信息传递的内容和效果。诺德和贾文波在某程
度上都强调了文本功能的重要意义,而笔者所选取的“功能对等”理论,正是强调了译
文要在信息功能等方面与原文对等,符合功能翻译理论的要求,所以,本次翻译实践以
尤金・奈达的“功能对等”理论为指导。
“功能对等”源于“动态对等”,谭载喜(1989)指出在动态对等翻译中,译者着
眼于原文的意义和精神,而不必拘泥原文的语言结构。因此翻译活动最根本目的就是要
在不同语言结构中使原文和译文最大程度地实现对等。尤金・奈达后把“动态对等”改
称为“功能对等”,即把读者的反应作为评价译文的标准。
笔者所选翻译文本力图传递残疾人康复训练 、社会保障等信息,普及了残疾人人
权等相关知识,翻译时不仅要注重语言表达的专业度,更要打破表面的文字对应。实现
付智茜(2012)所讲述的使源语和译入语达成功能上的对等,起到译入语中的接受者对
译文信息的反应与原语接受者对原语信息的反应基相同的效果。因此,笔者在翻译时讲
求因句制宜,根据不同语篇、不同段落的不同内容和形式,分别采取不同的方法和技巧,
结合文章实际整体运用增译、减译、添加注释等翻译方法,力求在表达准确、规范的基
础上,最大程度地让读者感受到该文本的意义和价值。
6
第 4 章 案例分析
4.1 词汇的翻译
4.1.1 专业术语的翻译
随着经济社会发展,科学技术领域逐渐产生了一些专业词汇,丰富着已有词汇体系,
其中部分术语具有严格的使用限制,专人专用,而另一些则渐渐融入了我们的日常生活。
因此,学习、了解这些专业术语对于日语研究以及日语教学具有十分重要的意义。笔者
选取的翻译文本涉及身体障碍、医学康复等各方面知识,相应出现了很多医学领域的专
业表达,涌现了大量的医疗、保健等方面的专业术语。笔者根据文本特点及翻译实践,
将其归类为汉字词专业术语、外来语专业术语和缩略语专业术语三方面,进行如下探究。
4.1.1.1 汉字词专业术语
日语中“汉字词”通常用“漢語”表示,既包括古代从汉语传入日语的部分词汇,
又包括在吸收中国文化的历程中日本人仿照汉语构词形式创造的汉字词汇。许雪华,施
建军(2018)指出汉字词汇是指书面语中基本形态为“用汉字书写”的词语。基于以上特
征,笔者在特定的医学康复领域,对文本中出现的一些汉字词专业术语进行考察。
例 1.
【原文】心臓・肺機能の低下による息切れや頻脈、起立性低血圧。消化器機能の低下
による便秘や食欲不振など。
【译文】心肺功能减退导致的气短、心率过快、体位性低血压。消化系统功能下降导致
的便秘、食欲不振等。
“起立性低血压”在《医者が教える家庭の医学事典》中的解释是“急に立ち上が
ると血圧が著しく低下する”。笔者初译为“起立性低血压”,虽然实现了与原文的词
义对等,但表述较为直白。经过思考,突然站立时血压迅速下降,其实是体位姿势发生
了变化,而医学表达中也经常使用“体位”一词,如“体位护理”“体位性心动过速”
“自由体位分娩”等,因此,将其翻译为了“体位性低血压”。随后,为验证翻译效果,
笔者在麻红梅,麻守花(2019)中也找到了“临床医学中帕金森病合并体位性低血压”
这一相应表达,真正实现了功能对等。
例 2.
【原文】ドーパミンが脳の運動をプログラミングする大脳基底核に送られなくなるた
7
めに、大脳基底核の機能が低下して障害が起こる。
【译文】多巴胺无法输送到编程脑部运动的大脑基底核1中,基底核功能减弱,造成伤害。
《大辞林》(第三版)中“大脳基底核”表示“大脳の深部に存在する一群の灰白
質部。尾状核・被殻などの部分から成り、各部が相互に連絡しあい、身体の安定を保
持している”,主要用于维持运动,保持身体稳定等。但“大脑基底核”属于专业术语,
仅凭这五个字,仍会觉得晦涩难懂。功能对等理论强调翻译时要多考虑读者的阅读感受,
而不必拘泥于原文形式上的要求,因此,笔者在文中添加了脚注,把它作为一种补偿手
段,不仅便于读者理解,还适当地提升了译文的专业性。
例 3.
【原文】また、脳梗塞はつまり方の違いにより、血管壁が狭くなりつまる脳血栓と、
心臓などから組織片が移動し脳の血管でつまる脳塞栓がある。
【译文】另外,依据阻塞方式不同,脑梗死可分为血管壁变窄而阻塞的脑血栓,以及栓
子从心脏等器官脱落,阻塞血管的脑栓塞。
“組織片”在词典中并没有对译表达,而“組織”在《大辞林》(第三版)中有两
种含义:“1.組み立てること 2.同一の機能と構造とをもつ細胞の集団”,此处取第二种
含义。根据所学知识,笔者立刻联想到生物学中的组织切片、组织制片,是指将一些细
胞组织切成薄片,放在玻片上利用显微镜观察,与细胞集团有共通之处,但“組織片”
明显是存在于体内,于是结合前面“心臓など”笔者初译为“心脏等器官的组织碎片”,
意在表述是某种脱落的物质。但查阅大量医学文献后,笔者了解到栓子进入脑循环阻塞
血管是脑栓塞的成因,又在王增武(2014)中找到血凝块、脂肪滴、空气、寄生虫卵等
各种不能溶解于血液的物质均可成为栓子。因此,为了符合功能对等理论下,信息传递
的严谨性,最终翻译为了“栓子”。
4.1.1.2 外来语专业术语
《大辞林》(第三版)对“外来語”的解释为“他の言語より借り入れられ、日本
語と同様に日常的に使われるようになった語”,通常用片假名表示。施建军(2007)
1 大脑基底核是大脑深处存在的一组灰白质核团,由尾状核、壳核等组成,各部分相互联系,以保持身体稳定。
8
指出日语中的专业词汇主要由汉语词汇和外来语构成,占据了专业词汇的 87.45 %。由
此可见外来语在专业术语领域具有举足轻重的作用,因此,笔者提炼了相关的外来语专
业术语进行翻译浅析。
例 4.
【原文】血管の障害の仕方には脳の血管が破れて出血する脳内出血とクモ膜下出血、
脳の血管がつまる脑梗塞に分かれる。
【译文】血管损伤方式,可分为脑血管破裂引起的颅内出血、蛛网膜下腔出血和脑血管
阻塞引起的脑梗死。
笔者在《明解 看護用語辞典》(1973)中找到“クモ膜下出血”表示“脳底部にあ
る血管の脳動脈瘤の破裂によってクモ膜下腔に出血する”由此可知“下出血”的医学
内涵为“下腔出血”。虽然“クモ”意为蜘蛛,但汉字兼具声、意、形等特点,在具体
文字表达方面“蜘蛛”“蜘”“蛛”三者存在差别,虽然看似无足轻重,但医学术语讲求
专业、严谨,功能对等理论也要求译者要充分考虑文本特点,务必要确保翻译的准确性。
所以,笔者利用知网对“蜘蛛膜”“蜘网膜”和“蛛网膜”分别进行检索,出现“蜘蛛
膜”相关条目 39 条,“蜘网膜”4 条,“蛛网膜”27192 条,并找到中华医学会编写的《中
国蛛网膜下腔出血诊治指南 2019》。因此,将其翻译为“蛛网膜下腔出血”。
例 5.
【原文】麻痺のタイプは筋肉の緊張の仕方や姿勢の動き方により痙直型、アテトーゼ
型、失調型、低緊張型、混合型などと分けている。
【译文 1】瘫痪根据肌肉紧张方式和姿势动作,可以分为痉挛型,手足徐动型,共济失
调型,肌张力低下型,混合型。
【译文 2】瘫痪类型根据肌肉紧张方式和姿势动作,可以分为痉挛型,不随意运动型,
共济失调型,肌张力低下型,混合型。
“アテトーゼ”源语是“Athetosis”表示手足徐动症,译文 1 翻译为“手足徐动型”。
后对译文进行校对,在李晓捷(2014)中找到目前我国脑瘫分为痉挛型、不随意运动型、
强直型、共济失调型、肌张力低下型、混合型 6 种。此外,不随意运动型往往会出现手
9
足徐动、姿势控制缺陷,因此笔者思考可否在译文 2 中替换为“不随意运动型”。但目
前脑瘫还未形成世界统一分类标准,中日两国分型是否完全相同值得深入研究。且学术
领域对于“不随意运动型”和“アテトーゼ型”的解释性说明较多,两国对比研究寥寥
无几,查找难度较大。终于笔者在日本医事新報社(2017)中找到“不随意運動(アテ
トーゼ)型”至此可以确认二者表述一致,因此译文 2 翻译为“不随意运动型”。功能
对等理论要求译者要吃透原文,尊重源语的表达规范,翻译时要一丝不苟,认真对待。
4.1.1.3 缩略语专业术语
黄伯荣,廖序东在(2011)中将缩略语定义为语言中经过压缩和省略的词语。笔者
在翻译实践中发现首字母缩略语是较为常见的形式,通常由某个词条开头的大写字母组
成,缩略前后语义一致,称说方便。在全球化浪潮下,人类正在越来越多地共享科学技
术成果,尤其是物理、化学、医学等比较重要的学科领域,使用英文发表研究成果有利
于全球性学术交流,因此缩略语便具有了更大的语用需求。
例 6.
【原文】たとえば、片麻痺の人には片手での ADL  を可能にする訓練や、同時に道具
や福祉用具を使うことでよりやりやすい動作にすることも多い。
【译文】例如,偏瘫者单手进行 ADL(Activities of Daily Living,日常生活活动能力)训
练,同时使用器具和康复器材,通常行动会更加方便。
“ADL”是康复医学领域的缩略语,如果直译为“ADL”,不具备专业知识的读者
仍然不能理解其含义,因此有必要考虑读者的阅读效果,添加注释。注释中加上英文全
称“Activities of Daily Living”,让读者明白缩略语由来,将抽象信息具体化。后面再用
“日常生活活动能力”这一汉语表达进行解释,便于译入语读者理解。由此,不仅避免
了翻译时的信息缺失,还兼顾了读者的多样化需求,符合功能对等理论的要求。
例 7.
【原文】リハビリテーション医学の活動の場は、病院や PT や OT  などの専門職を擁
したリハビリテーションセンターを中心とする医療機関とされる傾向がある。
【译文 1】康复医学的活动地点,通常为医院或以拥有理疗师、职业治疗师等专业人士
的康复中心为主的医疗机构。
10
【译文 2】康复医学的活动场所通常为医院,以及拥有 PT(Physical Therapist,物理治
疗师)和 OT(Occupational Therapist,作业治疗师)等专业人士的康复中心。
“PT”与“OT”是相对应的一组康复医学词汇。PT 全称“Physical Therapist”,译
文 1 翻译为“理疗师”。OT 全称“Occupational Therapist”,译 文 1 翻译为“职业治疗师”。
但笔者在对译文进行校对时,发现理解出现偏差。中屋久長,曲智(2006)中指出物理
疗法是利用物理能量(热、水、光、电)来缓解疼痛。而我国《康复理疗师招生简章》(2019)
中指出康复理疗技术是根据传统医学理论,运用针灸刮痧、推拿点穴、拔罐热疗等进行
疾病防治。由此可知,汉语中“理疗”一词除了物理含义,还具有一定的中医特色,而
日语中的物理疗法是单纯利用物理能量进行康复治疗。并且目前我国已经设立了中国康
复医学会,下设组织包括物理治疗专委会和作业治疗专委会。因此为了避免歧义,译文
2 翻译为“物理治疗师”和“作业治疗师”,为实现功能对等,更加原滋原味地传递出缩
略语的内涵,使用注释标注了 PT 和 OT 的英文全称及汉语解释。
4.1.2 中日同形词的翻译
中日同形词是日语学习的一个难点,黄莺(2006)将同形词定义为日语和中文中字
形相同的词汇。作为以汉语为母语的日语学习者,相同的表记方式,虽然会带来一定的
便利条件,但也常常被误导,运用汉语思维方式来理解、运用这些词汇,翻译时容易出
现误翻、错翻等情况。虽然汉日两种语言中存在意义完全相同的同形词汇,但意义完全
不同或有所区别的汉字词才占据主流。翻译中日同形词时,要结合具体语境,灵活处理,
切不可忽视词汇间原本存在的微妙差异,力求精确表达。笔者主要从词义相近和词义不
同两方面进行列举。
4.1.2.1 词义相近
例 8.
【原文】小刻みな歩行などには大きな動きを、また、身体のねじり(回旋)も困難に
なるので寝返りには首や体をねじる動きを加える。
【译文】小步行走要做出大幅度动作,身体扭转(旋转)困难时,要转动脖子和身子帮
助翻身。
11
《大辞林》(第三版)中“回旋”有两种含义:“1.ぐるぐるまわること 2.植物の茎
が支柱に巻きつきながらなびていくこと”。根据上下语境,取第一个意思。《现代汉语
大词典》(2007)中“回旋”常用作“1.盘旋 2.可商量 3.施展才能”,与日语相比词义范
围更大,不仅表示物理层面上的旋转还能形容人和事。翻译同形词时,要谨慎考虑能否
直接使用其汉语表达,仔细斟酌词义范围,绝对不能照搬照抄,这样才能实现功能对等。
因此,此处译为“旋转”。
例 9.
【原文】たとえば、脳を損傷し、片麻痺になった人の麻痺の回復に役立つ。
【译文 1】例如,可以帮助大脑损伤的偏瘫患者治愈瘫痪。
【译文 2】例如,可以帮助脑损伤偏瘫患者康复病情。
“麻痺”在《大辞林》(第三版)中表示三种意义:“1.しびれて感覚がなくなるこ
と2.はたらきがにぶったり停止したりすること3.運動機能や感覚が低下または消失し
た状態”。《现代汉语大词典》(2007)中“麻痹”指“1.神经系统病变或麻醉药物刺激导
致感觉和运动功能丧失 2.思想麻木”。“瘫痪”表示“神经功能障碍导致身体某部分完全
或不完全地丧失运动能力”。对汉语释义进行分析后,笔者认为麻痹存在医学外部干预
的情况,而瘫痪与原文身体内部功能受损更为贴近,因此为了避免给读者造成混乱,这
里不能简单地译为“麻痹”,而在译文 1 中译成“瘫痪”。功能对等理论要求译文信息凝
练、语言流畅,考虑到“偏瘫患者”和“治愈瘫痪”中“瘫痪”一词表述重复,因此译
文 2 将“治愈瘫痪”转译为“康复病情”,表达更加简洁、明了。
4.1.2.2 词义不同
例 10.
【原文】医学的リハビリテーションとは「個体の機能的又は心理的能力を必要な場合
には代償機能力を活用することによっては発達させる一連の医療であって、それによ
って障害者が自立し、活動的な生活ができるようにすること」(1968 年、WHO)とあ
る。
【译文 1】医学康复是指“在必要的情况下,充分利用补偿功能来促进个体机能及心理
12
功能发育的一系列医疗手段,残疾人由此可以实现自立,积极生活”(1968 年,WHO)。
【译文 2】医学康复是指“在必要的情况下,充分利用代偿功能来促进个体机能及心理
功能发育的一系列医疗手段,残疾人由此可以实现自立,积极生活”(1968 年,WHO)。
“代償”在《大辞林》(第三版)中表示三种意义:“1.他人に与えた損害のつぐな
いとして、それに相応するものを出すこと 2.目標を達成するために払ったもの 3.心理
的·生理的にかけたものを補働き”。结合语境可知本句取第三种含义。《现代汉语大词
典》(2007)中“代偿”表示“代为偿还”,常用于金钱方面。二者词义不同。笔者在译
文 1 中翻译为了“补偿功能”。但在查阅大量医学文献后,笔者发现虽然汉语中“代偿”
一词原本并不包含生物学含义,但随着时代发展,医学领域开始使用“代偿功能”这一
专业表达,如孟爽,石寰等(2019)《舒张早期整体纵向应变率指数评估单支冠状动脉
慢性完全闭塞病变患者侧支循环的代偿功能》。因此,翻译时要与时俱进,遵从学术规
范,如实传递信息,做到功能对等,所以译文 2 翻译为了“代偿功能”。
例 11.
【原文】脳性麻痺の障害への対応の原理は、正常運動発達を促進することと異常な筋
緊張を抑制する姿をとることである。
【译文】脑瘫的应对原理,是要促进正常运动发育,抑制异常肌肉紧张。
“発達”在《大辞林》(第三版)中有三种含义:“1.発育して完全な形態に達する
こと 2.進歩発展すること 3.規模が次第に大きくなること”。此处讲述脑瘫应对原理,
应取第一个意思。《现代汉语大词典》(2007)中“发达”表示“1.兴盛 2.显达 3.发迹 4.
普遍”并不包含日语中的成长发育概念。因此翻译时要头脑清醒,不被同形所迷惑,转
换为汉语思维,使用正确的汉语表达,译为了“发育”。
4.2 句内注的翻译
注释表示解释字句的文字,加注释义也是文学作品中进行文字转换、文本添补、传
达信息的重要方式。阮继(2001)指出文内注无需使用注释号,注文直接放在文中,用括
号加以区分,从注释范围来看分为句内注和句外注两种。《残疾人人权与康复训练》一
书涉及很多康复治疗领域的专业知识,使用了大量注释加以说明。笔者所选翻译文本中,
13
句内注出现频率高达 47 次。因此,也要对注释翻译讲求一定的方法,曹明伦(2005)
曾提出注释翻译的六点原则,即当注必注,点到为止,准确精当,客观合理,随文注释,标
记清楚。笔者根据注释部分起到的不同作用,从同义替换、列举、补充信息、解释说明、
概括总结五方面进行浅析。
4.2.1 同义替换
例 12.
【原文】また、心身がストレスにあったときにそれを元の定常状態に戻す復元力であ
る恒常性(ホメオスタシス)も加齢に伴い低下する。
【译文 1】另外,身心处于压力状态下,回复到原始稳定状态的恢复能力的稳态也会随
着年龄的增长而下降。
【译文 2】另外,身心处于压力状态时,恢复到原始稳定状态的能力——稳态也会随着
年龄的增长而下降。
此处的句内注“ホメオスタシス”是“恒常性”的同义词,二者只是表现形式不同。
虽然使用片假名标注可以丰富读者对“恒常性”一词的理解,但译文仍保留注释则会显
得冗余,因此译文 1 采取了省译的方式。另外,译文 1 连用两个“的”字表述句中的修
饰关系,稍显混乱。因此,在译文 2 中采用了减译、转译的翻译方法,使用破折号进行
解释说明,语言更加简洁明了。
例 13.
【原文】それは国際リハビリテーション協会(Rehabilitation International :RI)の専門
委員会である社会委員会が、1960 年代から社会リハビリテーションの概念を検討した
結果である。
【译文】这是康复国际(Rehabilitation International :RI)专委会社会委员会自 20 世纪
60 年代起,对社会康复概念进行探究的结果。
此处的句内注是“国際リハビリテーション協会”的英文全称和缩写,也是同义表
达,笔者没有删除该句内注,而是原封不动地保留下来。因为,对于国际性组织来说,
14
保留英文可以为读者提供新的信息点,拓宽读者的知识面。此外,作者在句内注中提及
了其英文缩写,如若后文直接使用,读者也不会感到困惑,避免了信息的遗漏,符合功
能对等理论的要求。
4.2.2 列举
例 14.
【原文】その他、内科の呼吸器疾患(慢性気管支炎など)や心臓疾患(心筋梗塞など)、
耳鼻科や眼科の聴覚・視覚障害、精神科の精神障害、そのほか知的障害等から生じる
障害も対象としている。
【译文】还有内科的呼吸系统疾病(如慢性支气管炎)、心脏病(如心肌梗塞),耳鼻科
和眼科的听觉、视觉障碍,精神科的精神障碍以及智力障碍等导致的各种问题。
此处的句内注是“慢性気管支炎など”和“心筋梗塞など”,分别对“呼吸器疾患”
和“心臓疾患”进行列举。不仅真正发挥了信息型文本的作用,实现功能对等,帮助读
者快速、直观地理解何种呼吸系统疾病和心脏病能够导致功能障碍,成为医学康复的治
疗对象,而且长度适中,不会影响读者的阅读效果。因此,笔者按照原句形式同样采用
句内注进行列举,避免得不偿失,画蛇添足。
例 15.
【原文】主として心身の機能・構造、生活活動の問題に焦点を当て、その問題を解決
するために、直接心身機能障害の回復や改善を図ったり、心身の健全な部分の機能の
活用(利き手変換等)や車椅子等の用具を活用したりする。
【译文】主要关注于身心功能、构造以及生活活动问题,为了解决这些问题,要力求直
接改善和恢复身心功能障碍,充分发挥身心健全部位的作用(如改变利手)以及灵活使
用轮椅等器具。
此处句内注“利き手変換等”对前文“心身の健全な部分の機能の活用”进行列举。
如此一来,不仅弥补了“充分发挥身心健全部位的作用”中的表述不足,而且简洁明了,
浅显易懂。“利き手”在《大辞林》(第三版)中解释为“よく働く、力の出る方の手”。
联系生活实际“左利き手”“右利き手”通常被称为左撇子、右撇子,是较为通俗的表
15
达方式。虽然,作为日语学习者可以理解“利手”表示优势手,但普通受众的理解程度
也是笔者关心的重要内容。查阅相关资料后,笔者发现近年来“利手”一词已经在日常
生活中得到了广泛应用,如潇湘晨报《你好,左利手君》,北京青年报《动物世界里的
左利手与右利手》,电影《唐人街探案 2》等。因此,笔者最终翻译为“改变利手”。
4.2.3 补充信息
例 16.
【原文】しかし、医学的リハビリテーションは「自らのリハビリテーションをかちと
る(のを専門職が助ける)医療」といわれるように、その主体は障害者にある。
【译文 1】但医学康复是“实现自我康复(受到专业人士帮助)的医疗”,其主体为残疾人。
【译文 2】但医学康复是“(在专业人士帮助下)实现自我康复的医疗”,其主体为残疾
人。
将句内注“のを専門職が助ける”展开后,全句为“自らのリハビリテーションを
かちとるのを専門職が助ける医療”,“の”将前面的“自らのリハビリテーションをか
ちとる”进行名词化处理,“専門職が助ける”意为“专业人士帮助”,为“自らのリハ
ビリテーションをかちとる医療”补充了一个客观信息,即专业人士介入是残疾人实现
自我康复必不可少的条件,医学康复需要残疾人内部主观努力和专业人士外部共同参与。
在语意表达不够充分的情况下,补充信息可以让读者更好地理解原意,因此译文 1 将句
内注翻译出来。但对翻译实践进行反思后,笔者认为虽然原句信息已经全部译出,但汉
语语法中条件句一般位于句首,功能对等理论也强调要重视读者的反应,使文章具有可
读性,所以译文 2 将“在专业人士帮助下”调整到前面,表述更加自然。
例 17.
【原文】また、「障害者の雇用の促進等に関する法律」で障害者の職業生活の自立を
促進するために障害者職業センターを規定し、これは障害者職業総合センター(全国
で 1 か所)、広域障害者職業センター(全国で 3 か所)および各都道府県に 1 か所の地
域障害者職業センターがある。
【译文】此外,《残疾人就业促进法》中为促进残疾人独立进行职业活动,对残疾人就
16
业服务中心进行规定,残疾人就业综合服务中心(全国一所),广域残疾人就业服务中心
(全国三所),以及各都道府县均设有一所区域性残疾人就业服务中心。
此处句内注补充的信息是“全国で 1 か所”和“全国で 3 か所”,补充说明了“障
害者職業総合センター”“広域障害者職業センター”这两个服务中心的设置范围、设
置数量。句内注的目的就是让读者更充分地理解原文,补充这些信息后,读者对于残疾
人就业服务体系有了进一步了解。因此这里的句内注要原封不动地保留下来,实现形式
对等。
4.2.4 解释说明
例 18.
【原文】そして、厚生省脳性麻痺研究班(1968 年)の定義によると、脳性麻痺とは「受
胎から新生児(生後 4 週間以内)までに生じた、脳の非進行性病変に基づく、永続的な
しかし変化しうる運動および姿勢の異常である。」
【译文 1】并且,根据厚生劳动省脑瘫研究班(1968 年)的定义,所谓脑瘫是指“从怀孕
到新生儿(出生后 4 周以内)发生的一种基于大脑非进行性病变的,持久可变化的运动和
动作异常。”
【译文 2】并且,根据厚生劳动省脑瘫研究班(1968 年)的定义,脑瘫是指“怀孕到新生
儿2期间,基于大脑非进行性病变而产生的一种持久、可变化的运动和动作异常。”
此处的句内注为“生後 4 週間以内”,笔者在译文 1 中翻译为“从怀孕到新生儿(出
生后 4 周以内)”。但笔者发现“新生儿”与“出生后 4 周以内”连在一起,容易误解为
信息补充,理解为“一个出生 4 周以内的新生儿”。但笔者在杨小琴(2019)中查阅到,
新生儿是指胎儿从母体内娩出并自脐带结扎起,直至出生后满 28天的这一段时间的婴儿。
即新生儿=出生 4 周以内的婴儿,所以此处注释起到了解释说明的作用。例句本身字数
较多,注释也会占据一行,为了保证文字的连贯性,笔者在译文 2 中处理为了脚注,符
合功能对等的特点。
4.2.5 概括总结
2 新生儿是指胎儿娩出母体,从脐带结扎到出生后 28 天以内这一段时间的婴儿。
17
例 19.
【原文】また、運動発達では身体全体の筋緊張が低下し、立ったときに膝が反り返る、
扁平足などがある。歩いている子どもにもバランス反応が悪く転びやすい、転んだと
きに手が出る(パラシュート反応)はずが出ないことがある。
【译文 1】另外,还有运动发育中,全身肌肉松弛,站立时膝盖弯曲,扁平足等。即使
是能够走路的孩子,平衡力也很差,容易摔倒,摔倒时应该伸出双手(降落伞反应)而不
伸出双手。
【译文 2】另外,运动发育中还存在全身肌肉松弛,站立时膝盖弯曲,扁平足等。即使
是能走路的孩子,平衡力也很差,容易摔倒,摔倒时不会产生为了自我保护而伸出双手
的降落伞反应。
【译文 3】另外,运动发育中还存在全身肌肉张力不足,站立时膝盖弯曲,扁平足等情
况。即使有的孩子可以走路,其平衡能力也很差,容易摔倒,甚至在跌倒时不会产生该
有的降落伞反应3。
此处的句内注是“パラシュート反応”,表示“降落伞反应”,是对“転んだときに
手が出る”这种现象的概括总结,它是婴儿的一种自我保护机制。李恩生(1997)解释
为抱婴儿头向下落时其上肢伸张动作。译文 1 中“降落伞反应”夹杂在“应该伸出双手
而不伸出双手”之间,可读性较差,不符合功能对等理论对于神似的要求。降落伞反应
的特征是伸出双手,作用是自我保护,译文 2 采取合译、意译的方式表述为“为了自我
保护而伸出双手的降落伞反应”。但从某种层面来说,还是没有涉及落伞反应的具体内
涵,读者仍会不知所云,因此为了避免读者阅读困难,译文 3 利用脚注在文外充分解释
降落伞反应的相关内容,增加读者的知识储备。
例 20.
【原文】障害者の職業リハビリテーションでは職業訓練を受けてから就労するという
段階的な方法がとられてきたが、就労の場に援助者(ジョブコーチ)をつけて雇用をす
る援助つき雇用(supported employment)が導入されつつある。
3 降落伞反应是婴儿的一种自我保护机制,抱住婴儿头部向下落时,其上肢头会做出伸张动作。
18
【译文】一直以来残疾人职业康复训练采取接受职业培训后再就业的阶段性方法,但工
作场所也正在引进配有辅助人士(作业教练)的就业方式,即辅助性就业(supported
employment)。
句内注“ジョブコーチ”意为“作业教练”,它不是对“援助者”进行同义替换,
而是概括总结。因为并非所有辅助人士都是作业教练,“ジョブコーチ”精炼地概括出
只有在特定工作场所帮助残疾人进行职业培训的辅助人士才被称为作业教练。如果删去
不译,会出现成分和内容缺失,读者无法得知其专业名称,只能模糊地了解这些辅助人
士的功能和作用。因此,为了读者可以更加迅速、直观地知晓其本质,改善读者的阅读
体验,笔者仍处理为句内注,遵照原文形式译出。
4.3 长句的翻译
句子是语篇中相对较长的语言单位,通常由词、短语以及一些连接词构成。日语是
黏着语,在表达方式上往往大句中包含小句,结构多样。孙萍(2012)指出这些长句有
的是结构上的,有的是意义上的,有的是形式上的,复杂多样。从形式上也就是词语多
少来看,武德庆(2012)提到文章心理学数据显示:26 个字以下为短句,27-43 个字为中
等,44 个字以上为长句。超出 75 个字以上,就会给读者心理带来困扰。从结构上来看,
陈岩(2005)认为长句具备两个基本因素:一是并列成分或分句多,二是修饰语长。笔
者所选翻译文本中出现了大量长句,在阅读和翻译过程中为笔者带来了一定困扰。因此,
如何正确理解句意,使用恰当的翻译技巧,在两种语言中自由转换,也是日汉翻译的重
中之重。笔者在案例分析中所选的长句兼顾形式和结构两方面,根据武德庆、陈岩两人
的定义,将日语长句限定为 44 字以上,并列成分较多,修饰语较长的句子。结合文本
内容和语言特点,主要从逻辑复杂长句的翻译和长定语长句的翻译两方面进行探讨。
4.3.1 逻辑复杂长句的翻译
许钧(2012)指出翻译不仅涉及语言、文化、历史,更是一个涉及哲学、逻辑、
美学等各领域的复杂活动。功能对等理论也要求译者在翻译的过程中要对特定语境、上
下文进行分析,而逻辑就是指句子中可能包括的并列、转折、因果、递进等多种关系。
这里笔者从具有并列、转折、因果、条件关系,并包含两个或两个以上分句的逻辑复杂
长句入手,根据陈岩(2005)32 字长句分析法,以谓为纲、辨清主谓、从后向前、宾及
补状、定语归属、认清莫惘、层层剖析、干枝明朗,采用增译、减译、分译、转译等技
巧使译文更加通顺流畅。
19
例 21.
【原文】日常生活動作訓練では起居動作、歩行訓練、食事動作、排泄動作など身の回
り動作を実際の生活場面で自立してできることをめざすが、その方法は障害受傷前の
やり方に戻すとは限らず、機能障害などに応じた方法をとる。
【译文 1】虽然日常行为活动训练以 起居动作、走路训练、饮食举止、排泄行为等能够
独立于日常生活为目标,但并不一定使患者恢复到受伤前的状态,而是一种可以应对功
能障碍的方法。
【译文 2】日常行为活动训练意在使患者能够在日常起居、行走、饮食、排泄等基本生
活方面实现自理,虽然不一定使残疾人恢复到受伤前的状态,但可以起到应对人体功能
障碍的作用。
【译文 3】日常行为活动训练意在使患者能够在日常起居、行走、饮食、排泄等基本生
活方面实现自理,虽然未必能使残疾人恢复到受伤之前的状态,但可以在一定程度上治
疗功能性障碍。
该句同时包涵了并列、转折等多个逻辑关系,由“ことをめざすが”可以判断整个
长句蕴含转折关系,表示日常行为活动训练的目的“虽然……但是……”。前面“起居
動作”“歩行訓練”“食事動作”“排泄動作”存在并列关系,对“身の回り動作”进行
列举。后半句“戻すとは限らず”蕴含了第二个转折关系,表明日常行为活动训练所采
取的方式“并非……而是……”。对于成分复杂的长句,翻译时要抓住主干,分清枝干,
梳理好逻辑关系、修饰关系。译文 1 使用“虽然……但……”,“并不……而是……”将
句中所包含的逻辑关系全部显化译出,语句略显生硬,比较晦涩,容易给读者带来阅读
负担。反复斟酌后,笔者认为在逻辑关系处理和语言表达上应进一步改进。译文 2 笔者
对句子进行轻减,只用一个“……虽然不……但……”关联词总领全篇,译文 1 中“以……
为目标……”一句,由于目标前修饰语较长,内容分散,所以在译文 2 中转译为“意在”
并调到句前,结构更加紧凑。此外笔者还删除了多余的“动作”“训练”“举止”“行为”
等词语,直接翻译为“起居、行走、饮食、排泄”,减译后语句更加简洁明了。对于“機
能障害などに応じた方法をとる”一句,笔者采用了转译的方法,将“一种可以应对功
能障碍的方法”转述为“可以起到应对人体功能障碍的作用”,打破原文中“方法”一
20
词的束缚,并在译文 3 中调整为“可以在一定程度上治疗功能性障碍”,更加注重原句
想要表达的内在含义,真正实现源语和译入语的功能对等,便于读者理解。
例 22.
【原文】障害者の社会生活の困難さは障害者の生活環境・生活基盤の欠如にあり、環
境課題が解決しない限り障害者がいかに努力をしても社会的自立に結びつかないと、
生活条件の基盤づくりを強調したのである。
【译文 1】残疾人社会生活困难的原因在于残疾人生活环境、生活基础缺乏,只要环境
课题没有解决不论残疾人多么努力也无法实现社会独立,因此强调了生活条件基础建设。
【译文 2】残疾人难以在社会中生活,其原因在于缺乏残疾人生活环境和生活基础。只
要环境问题得不到解决,无论残疾人多么努力,也无法在社会中独立。所以,重点在于
要构建残疾人的基本生活条件。
例句中含有因果、条件、转折等关系,在翻译的过程中掌握了关键词,句子的逻辑
关系也就一目了然。首先该句包含两层因果关系,第一层因果关系是“にあり”表示“……
的原因在于……”具有由果溯因的效果,这里说明“困难的原因”。第二层因果关系是
“のである”在这里点明“强调的原因”。并且在第二个因果关系句中“限り”表示限
定条件“只要……就……”。“努力をしても”表示转折“即使……也……”。笔者在仔
细梳理后,在译文 1 中利用关联词对句子作顺译处理。并且经分析,该句中还存在省略
成分,即“社会的自立に結びつかないと”后面省略了“いけない”,全句可以还原为
“結びつかないといけない”,笔者在译文中对此处进行了显译。但一个句子同时存在
两种因果表达容易使逻辑关系混乱,达意不清,语句不自然。所以,译文 2 在译文 1 的
基础上进行拆译,适当增加标点符号,对句子进行拆分,使得译文短小精悍,表达更为
流畅。调整后译文 2 又将“残疾人社会生活困难”转译为“残疾人难以在社会中生活”,
把“因此强调了生活条件的基础建设”转译为“所以重点在于要构建残疾人的基本生活
条件”。经过这样的处理,整个句子的逻辑更加清晰,语句衔接也更加紧密。由此可以
总结,翻译时除了保证译文逻辑清晰,用词严谨外,还要根据具体语境灵活处理,这样
译入语才更容易被读者接受。
4.3.2 长定语长句的翻译
21
在翻译长句时,要注意掌握其内在联系,层层剖析,找出句子枝干,对于句子的骨
干成分来说,武德庆(2012)指出连体修饰成分是枝叶。笔者在翻译过程中发现,通常
情况下长句形成的重要原因就是定语较长,如果长定语长句翻译不好,势必会影响读者
的阅读感受。因此笔者决定对长句中的长定语句进行翻译问题探讨。
例 23.
【原文】たとえば、保育場面で障害児の遊びや衣服着脱·排泄などの身辺処理の仕方
や身体障害者療護施設の身辺介助に、また、身体障害者授産施設のような社会就労セ
ンターでの就労中の姿勢保持や休息の取り方などにリハビリテーション医学の知議・
技術を包摂して使う必要性がある。
【译文 1】比如,对残疾儿童玩耍、穿脱衣服、排泄等照料方式和帮助残疾人使用康复
设施中,以及在像残疾人职业介绍机构这样的残疾人就业服务中心工作和休息都包含和
使用了康复医学知识和技术。
【译文 2】我们在很多方面都需要使用康复医学知识和技术。比如,在残疾儿童的护理
中,对于他们玩耍、穿脱衣物、排泄等的照料方式和辅助残疾人士使用医疗康复设施,
以及在残疾人职业介绍所这样的社会保障中心工作和休息等。
【译文 3】我们在残疾人护理的方方面面都需要使用康复医学知识和技术。不仅体现在
对残疾儿童日常生活(玩耍、穿脱衣服以及排泄等)的照料,帮助残疾人使用医疗康复
设施,甚至包括使残疾人在诸如残疾人职业介绍所这样的社会保障中心保持良好的工作
和休息状态等。
本句字数较多,层次复杂,笔者首先对句子结构进行分析,从修饰语和被修饰语入
手,明确二者的关系,然后由骨干到枝叶层层剖析。总体来看该句以“保育場面”“身
体障害者療護施設”“身体障害者授産施設”三个场景为中心,进行举例说明。具体来
看“障害児の遊びや衣服着脱·排泄などの”修饰“身辺処理の仕方”,“身体障害者療
護施設の”修饰“身辺介助”,“身体障害者授産施設のような”修饰“社会就労センク
ー”,“リハビリテーション医学の知議技術を包摂して使う”修饰“必要性”。译文 1
与原文句式保持一致,按照译入语直译,虽符合原文的逻辑形式,却并非地道的中文表
达,没有真正做到功能对等。针对修饰语过长的问题,笔者决定在译文 2 中打破译文 1
22
的表达形式,调整语序,整体采取倒译的方式,首先提出主题,将“都包含和使用了康
复医学知识”排列到全句开头,反客为主,翻译为“我们在很多方面都需要使用康复医
学知识”,采用总-分句式,后面对长修饰语部分进行举例说明,虽然译文有所改进,但
表达还是不够自然。因此,在仔细斟酌后,笔者在译文 3 中借助句内注将“玩耍、穿脱
衣物、排泄等”放入括号中,使得句式更加清晰,结构更加紧密,表达也更加连贯自然。
23
第 5 章 结语
5.1 翻译实践总结
本次翻译实践报告主要从词汇、句内注、长句三个方面探讨了如何利用翻译策略和
技巧解决翻译过程中遇到的难题。
关于词汇的翻译,笔者从专业术语翻译和中日同形词翻译两方面进行探究。首先笔
者认为对专业术语领域的汉字词、外来语、缩略语进行翻译时,应该最大程度地尊重惯
用表达,充分利用医学词典、书籍、刊物以及电子资源,进行中日双语校验,必要时还
要利用英语进行检查。术语表述不一时,要辨别正规表达、专业来源和使用频率。对于
中日同形词的翻译,笔者分为词义相近和词义不同两类。虽然汉日两种语言中都存在着
大量的同形汉字词,但绝对不能被其外表所迷惑,要格外注意那些在使用对象、使用范
围、使用语境等方面具有细微差别或者显著差异的词汇。
关于句内注的翻译。虽然在平时的阅读中,句内注看起来并不显眼,但笔者发现所
选翻译文本中句内注高达 47 次,但根据解释部分所起到的不同作用,笔者分为同义替
换、列举、补充信息、解释说明、概括总结等五部分进行浅析。翻译句内注时,不仅要
对注释内容具体问题具体分析,还要联系前后语句,整体把握,从宏观角度分析句内注
所起到的作用和找到最合适的翻译方法。
关于长句的翻译,笔者分为逻辑复杂长句的翻译和长定语长句的翻译两个部分。对
于逻辑复杂长句,要深入分析其可能包括的并列、转折、因果、递进等关系,透过复杂
层次,吃透句子本意。关于定语修饰较长的句子,翻译时可以将其拆分为短句,层层剖
析,抽丝剥茧,找到每个部分的修饰语和被修饰语,并要注意掌握其内在联系。此部分,
笔者主要依据了陈岩(2005)的 32 字长句分析法。在充分掌握原文语言特点后,综合
运用增译、减译、分译、转译等翻译技巧使得表达更加通顺流畅。
5.2 翻译感想
优秀的译文是译者不断打磨的结果,要求译者具有较高的日语水平,能够充分理解
原意。其次,中日两种语言在表达形式、句式结构、语用习惯等方面均存在差别,译者
还应具有较强的汉语表达能力,在忠实原文的基础上,摆脱日语语言形式束缚,作出最
地道的汉语表达,达到“神似”的效果。“工欲善其事,必先利其器”优秀的译者还要
善于利用相关书籍、文献、网络等,掌握背景知识,扩充信息量,对译文表达进行校验、
核实。在翻译过程中还要做到理论联系实际,有理、有据、有节,切忌误翻、错翻等情
况。此外,译者还应具备良好的心态,对待模棱两可的语句,应该积极查阅参考资料,
24
虚心求教。对于比较难以攻克的问题,应该求真务实,孜孜不倦,刻苦钻研。
5.3 问题与不足
对翻译实践进行反省后,笔者认为本次翻译实践仍存在一些不足之处。
第一,笔者对于康复治疗领域的知识涉猎较少,受专业限制,很多专业术语和专有
名词不能立刻翻译出其具体含义,需要查阅字典,阅读文献,检索网络,翻译进程较慢。
今后笔者会加强兴趣培养,不断扩充自己的知识面,力求涉猎更多领域的知识。
第二,汉语水平急需加强。功能对等理论要求译文要通顺自然,在考虑读者阅读感
受的基础上充分表达原意。但翻译过程中,笔者发现有时受汉字词和日语惯性思维影响,
经常出现直译后语言表达生硬、语义不清等问题,还会词语抉择困难,对译文进行多次
修改后,才能确保译文准确自然。所以笔者认识到,今后要提高母语水平,通过阅读大
量书籍增强自身文学素养。
第三,笔者翻译经验尚浅,还需进行更多的翻译实践,提高翻译水平。由于经验不
足,遇到难度较大的翻译问题时,笔者需要花费大量时间和精力才能找到恰当的翻译方
法。因此,今后要不断加强翻译练习,进行翻译实践积累。
25
参考文献
【中文】
[1]北京青年报.http://epaper.ynet.com/html/.
[2]彼得·纽马克.2001.翻译问题探讨[M].上海: 上海外语教育出版社.
[3]曹明伦.2005.谈谈译文的注释[J].中国翻译,(01).
[4]陈岩.2005.新编日译汉教程[M].大连:大连理工大学出版社.
[5]付智茜.2012.浅析奈达的“功能对等”翻译思想[J].文学界(理论版).
[6]黄伯荣,廖序东.2011.现代汉语上(第五版)上[M].北京:高等教育出版社.
[7]黄莺.2006.日语汉字词汇教育——以中日同形词为主要研究对象[J].宁波大学学报:教
育科学版,(01).
[8]贾文波.2004.文本功能对应用翻译的策略主导[J].中南大学学报(社会科学版)(03).
[9]李恩生.1997.医用日语外来语词汇:日英汉对照[M].北京:人民卫生出版社.
[10]李晓捷.2014.脑瘫指南及定义、分型、诊断标准修订[C].第六届全国儿童康复、第十
三届全国小儿脑瘫康复学术会议暨国际学术交流会议.
[11]麻红梅,麻守花.2019.帕金森病合并体位性低血压患者自主神经功能情况及相关性研
究[J].临床神经病学杂志,(05).
[12]孟爽,石寰,毋建,黄榕翀,王欣,王辉.2019.舒张早期整体纵向应变率指数评估单支冠
状动脉慢性完全闭塞病变患者侧支循环的代偿功能.中国超声医学杂志,(11).
[13]阮继.2001.浅谈出版物中文内注的用法[J].科技与出版,(01).
[14]施建军.2007.日语专业词汇的统计特征及基本专业词汇的界定[J].日语学习与研
究,(06).
[15]孙萍.2012.浅谈日语长句的翻译[J].辽宁工业大学学报,(04).
[16]谭载喜.1989.奈达和他的翻译理论[J].上海外国语学院学报),(05).
[17]王增武.2014.脑血管病临床检查与治疗[M]广州:世界图书出版广东公有限公司.
[18]武德庆.2012.日语长难句解析[M].武汉:武汉大学出版社.
[19]现代汉语大词典编委会.2007.现代汉语大词典[M].上海辞书出版社.
[20]潇湘晨报.http://epaper.xxcb.cn/xxcba/html/.
[21]许钧.2012.文学翻译批评研究[M].北京:译林出版社.
[22]许雪华,施建军.2018.关于日语汉字词汇多样性的再认识[J].东北亚外语研究,(02).
[23]杨小琴.2019.新生儿的生理特点与护理[J].特别健康,(19).
[24]职业资格证书网 http://www.jypc.co/.
[25]中华医学会神经病学分会.2019.中国蛛网膜下腔出血诊治指南 2019[J].中华神经科杂
志 (12).
[26]中屋久長,曲智.2006.日本理学疗法和理疗师的现状及发展方向[J].日本医学介
绍,(12).
【日文】
[1]医者が教える家庭の医学事典 https://igaku-jiten.com/.
[2]看護用語辞典編集委員会.1973.明解 看護用語辞典[M].メチカルフレンド.
[3]大辞林編集委員会.2012.大辞林第三版[M].三省堂.
[4]日本医事新報社 https://www.jmedj.co.jp/.
【英文】
[1]Nord,Christiane.1997.Translating As A Purposeful Activity,Funcationlist Approaches Explained [M].上海外语教育出版社,2001.
26
附录 1 原文/译文对译
第三章 総合的援助体系としての 第三章 综合援助体系下的康
リハビリテーション 复训练
第 1 節 医学的リハビリテーショ 第 1 节 医学康复

Ⅰ医学的リハビリテーションとは Ⅰ何为医学康复
医学的リハビリテーションとは「個体の機 医学康复是指“在必要的情况下, 能的又は心理的能力を必要な場合には代償 充分利用代偿功能来促进个体机能及心
機能力を活用することによって発達させる 理功能发育的一系列医疗手段,残疾人 一連の医療であって、それによって障害者が 由此可以实现自立,积极生活”(1968
自立し、活動的な生活ができるようにするこ 年,WHO)。医学康复是运用医学知识
と」(1980 年、WHO)とある。医学的リハビ 和技术来治疗功能障碍,帮助残疾人实
リテーションは障害・障害者に対して医学の 现康复的一个医疗领域。 知識・技術を用いる医療の一分野である。
 臨床医学では病態生理学的・病態組織学的 在临床医学中,诊断时将病态生理
情報を分類し、病名をつける診断が重要であ 学和病态组织学信息进行分类,对疾病 る。そして、臨床医学は器官、臓器、分子と 命名是十分重要的。并且,临床医学对 人体を細かく分け、その担当は内科にも神経 器官、脏器、分子以及人体进行详细划 内科、呼吸器科、循環器科、消化器科等器官・ 分,相关责任也进行了纵向专业分工, 臓器別というように縦割で専門分化してい 例如内科根据器官和脏器分别划分为神
る。さらに、治療とは身体の病態部分を正常 经内科、呼吸科、循环科、消化科等。 化することに主眼がおかれ、その治療方法は 此外,所谓治疗,主要专注于使身体发病
投薬、手術、安静という患者が受け身でいら 部位恢复正常,治疗方法通常采用药物、 れる方法がとられてきた。 手术、静养等患者被动接受的方式。
 これに対し、医学的リハビリテーションは 与临床医学相反,医学康复并非以
臨床医学のように器官・臓器の疾病を対象と 器官和脏器疾病为对象。而是主要关注
するのではない。主として心身の機能・構造、 于身心功能、构造以及生活活动问题,
生活活動の問題に焦点を当て、その問題を解
決するために、直接心身機能障害の回復や改 为了解决这些问题,要力求直接改善和
恢复身心功能障碍,充分发挥身心健全
善を図ったり、心身の健全な部分の機能の活
用(利き手変換等)や車椅子などの用具を活
用したりする。このことをとおして、障害者
がその人らしい自立的した生活を達成する
ように援助するのである。
 そして、医学的リハビリテーションは脳卒
中による片麻痺、パーキンソン病による運動
障害など中枢神経系の問題や骨折、腰痛、切
断など筋肉・骨・関節の問題を対象にするこ 部位的作用(如改变利手)以及灵活使
用轮椅等器具。这样一来,可以帮助残
疾人实现属于他们自己的独立生活。
此外,医学康复的治疗对象是脑卒
中引起的偏瘫,帕金森导致的运动障碍
等中枢神经系统疾病,以及骨折、腰痛、
截肢等肌肉、骨骼、关节问题。还有内
27
とが知られている。その他内科の呼吸器疾患 科的呼吸系统疾病(如慢性支气管炎)、
(慢性気管支炎など)や心臓疾患(心筋梗塞な 心脏病(如心肌梗塞),耳鼻科和眼科的
ど)、耳鼻科や眼科の聴覚・視覚障害、精神 听觉、视觉障碍,精神科的精神障碍以
科の精神障害、そのほか知的障害等から生じ 及智力障碍等导致的各种问题。医学康 る障害も対象としている。医学的リハビリテ 复训练横向对应了临床医学范围内的全
ーションは臨床医学が範囲としているすべ 部内容。它还可以治疗某些器官、脏器 てに横断的に対応するのである。また、いく 出现故障而引发的疾病。例如患有类风
つかの器官・臓器に障害が発生する疾病もあ 湿性关节炎时,全身发炎容易引起疲劳,
る。たとえば、慢性関節リウマチでは、全身 活动、行动困难,很多关节都会产生疼 の炎症で疲れやすく活動・運動がしにくいこ 痛,同时还伴有关节挛缩、肌肉力量低
とと多くの関節に痛みとともに関節拘縮・筋 下等情况。这时就要与内科和整形外科 力低下などが生じる。この場合、内科と整形 通力合作。如此一来,医学康复训练需
外科とも連携する必要性がある。このように 要开展多科室联合,以作出积极响应。
医学的リハビリテーションは既存の担当科 を超えた対応が必要になる。
Ⅱ医学的リハビリテーションの役割 Ⅱ医学康复的作用
1——新たな生活をつくり出す手段 1——创造新生活的手段
医学的リハビリテーションは機能障害を 医学康复通常以功能障碍为主要对
対象にすることが多いが、リハビリテーショ 象,但考虑到康复训练理念,它不应仅 ンの理念を考えると、心身の機能・構造など 限于矫正身心功能、构造等问题,恢复
の問題を矯正し、元の心身の機能に戻すこと 到最初的身心功能状态。如果身心功能、 のみにとどまらないはずである。心身の機能 构造等问题具有改善和恢复的余地,当 ・構造の問題に改善・回復の余地があれば当 然也要为之努力。 然それに働きかける。
 しかし、医学的リハビリテーションが必要 但是,需要医学康复的人,通常终
な人の場合、心身の機能の問題を生涯にわた 生都患有身心功能障碍,残疾人背负着 り背負うことの方が多く、障害者は障害を背 这些障碍维系生活、继续自己的人生。 負い生活・人生を継続することになる。人生 人生中途遭遇障碍时,即使回到原来的
の途中で障害を負った場合、生活の場は元に 生活场所,受身心问题影响,生活方式 戻ったとしても心身の問題があることで生 也难以保持原状。例如,即使障碍前后
活の仕方は元どおりにはなりにくい。たとえ 生活在同一个地方,很多情况下,行为 ば、障害発生前と後では、同じ生活の場であ 方式会发生变化,动作耗费时间,需要
っても、多くの場合、動作の仕方が違う、動 别人的帮忙,所以生活方式也就发生了
作に時間がかかる、他者の手助けが必要にな 变化。与障碍前相比,他们通常生活得 るなどから生活の仕方が変わる。障害を負う 更加不方便、不自由。因此,医学康复
前より、不便さや不自由さを抱えた生活にな 不仅关注身心功能障碍,还着眼于每个 ることが多いはずである。そこで、医学的リ 人未受伤害的身心功能,如何灵活运用
ハビリテーションは心身の機能の障害のみ 这些功能,使用物理手段等,让生活变
ならず、個々人がもつ障害されていない心身 得更加容易成为了一个重要课题。残疾 の能力にも目を向け、それを活用したり、物 人以此作为手段,充分运用,在创造与
理的手段などを用いていかに生活をしやす
くするかが課題になる。それをとおして、障
害者が以前とは違う新たな生活をつくり出
す手段として活用するという積極的な役割 以往不同的新生活方面,发挥积极作用。
28
がある。
2——障害の予防とマネジメントの支援 2——帮助疾病预防和管理
いかに充実した生活を送るかは心身機能 如何度过充实的生活与身心功能障 の問題の重さと無関係ではない。しかし、た 碍的严重程度密切相关。但是即使疾病
とえ、病気で心身の機能障害が重度であって 造成身心功能严重受损,年老后生理方 も、高齢のため生理的に心身の機能が衰えて 面身心功能衰退,也有可能过上与其相
もその人なりの新たな生活を送ることがで 适应的新生活。虽然与年轻时有所不同,
きる可能性はある。若い時期とは異なりなが 但也应该是能够与身心状况相适应的充 らも、心身の状況に応じた充実した生活が可 实生活。的确老年期容易出现功能障碍,
能なはずである。高齢期に機能障害が起こり 所以提前预防以免给生活带来不便是十 やすいことは事実であるが、その発生を予防 分重要的。 因此,应该灵活运用医学康
することは生活に不便さを発生させないた 复知识和技术,预防老年期出现各种障
めに重要である。そこで、高齢期の障害発生 碍,延缓障碍发展。 予防や障害の重度さを遅延するために医学 的リハビリテーションの技術や知識が活用
できるはずである。
 また、障害者が長期間障害を負うことによ 此外,第 2 章提到社会老龄化过程
り発生する二次的障害が社会の高齢化のな 中,出现了残疾人长期患病而导致继发 かで生じていることは、第 2 章で述べた。そ 性疾病的问题。而且,在脑瘫患者中,
して、脳性麻痺者などのなかにはがんばりす 因太过努力,而苦于手脚疼痛的人也不 ぎたために、手足の痛みなどに苦しんでいる 在少数。医学康复在预防此类继发性疾
人が少なくない。医学的リハビリテーション 病等方面也应该做出相应贡献。此类疾 はこのような二次的障害の予防にも貢献す 病的预防和管理,受日常生活、工作方 べきである。このような障害の予防やマネジ 式,以及护理方法等影响,因此医学康 メントは、日常生活・仕事の仕方、介護の仕 复并非止步于医院等医疗场所,而是要 方が影響していることから、医学的リハビリ 前往残疾人生活的地方,仔细观察,一
テーションが病院など医療現場に止まるの 定要根据生活实际情况制定援助方法。 ではなく、障害者の生活の場に出向き、それ 但是,有多少医学康复工作者融入到脑
をつぶさに観察したり、生活実態に応じた支
援の方法の開発が不可欠になる。しかし、医
学的リハビリテーションの関係者のなかで
どれくらいが脳性麻痺者の生活に接近し二
次的障害の予防のためのマネジメントに関
心をもっているのだろうか。
 今後は、生活・人生の主体が障害者である
がゆえに、生活するうえで障害者自身による
障害予防・マネジメントを可能性にする情報
の提供も医学的リハビリテーションの役割
になるといえる。 瘫患者的生活当中,去关注继发性疾病
的预防管理呢?
残疾人是生活的主体,人生的主人,
因此今后在生活方面,提供相关信息,
使残疾人可以自己进行疾病预防和管
理,也是医学康复训练的重要作用。
Ⅲ障害者参画の医療 Ⅲ残疾人参与医疗规划
医学的リハビリテーション従事者は医師、 医学康复工作者主要由医生、护士 看護婦等の医療職が主に中心になって担っ 等医务人员担任。但医学康复是“(在专
ている。しかし、医学的リハビリテーション 业人士帮助下)实现自我康复的医疗”,
は「自らのリハビリテーションをかちとる 其主体为残疾人。即使从医疗方面进行
29
(のを専門職が助ける)医療」といわれるよう 康复训练,也要以减轻、消除残疾人个
に、その主体は障害者にある。医療の側面か 人和社会生活困难为目标,解决困难时
らのリハビリテーションであっても、障害者 必须遵循残疾人本人意愿进行援助。因
の社会生活や個人の生活の困難性の除去・軽 此,医疗专业人士只有推动、鼓励残疾 減をめざすものであり、その困難性の解決に 人参与规划治疗和训练,才能卓有成效。
は主人公である障害者の意思に沿う援助が 为此,专业人士不仅要发挥医学康复领 必要となる。したがって、医療職は障害者が 域的专业知识和技能,还要成为残疾人
治療や訓練に参画するのを促し、励ましてこ 创造新生活的合作伙伴。具体来说,我
そ効果あるものになる。そのために専門職が 们需要构筑一种支持残疾人自我决定、 医学的リハビリテーションに関する専門知 决策的援助体系。另外,在满足残疾人
識・技術を発揮することはもとより、障害者 基本生活中各项要求和意愿的基础上, の新たな生活づくりのパートナーにならな 应具备能够为他们提供广泛选择的专业
ければならないということである。具体的に 知识和技能,使康复训练具体有效地实
は、障害者の自己決定権、意思決定を支える 施。 援助関係づくりの力量も要求される。また、 障害者の生活の必要から生じた要求・意思に
沿い、効果的なリハビリーションを具体化す
るには障害者に幅広い選択肢を提供できる だけの専門知識・技術力がいる。
第 2 節 教育的リハビリテーショ 第 2 节 教育康复

教育的リハピリテーションは障害児・者 教育康复的目标是让残疾儿童和患
が教育を受けその能力を開発し、社会のなか 者接受教育,开发其自身能力,在社会
で自分らしい生き方を追求し、自己実現でき 中追求属于自己的生活方式,实现自我。 るようにすることを目的とする。障害児教育 残疾儿童教育与特殊教育之间的区别尚
に対する特殊教育との区別は明確とはいえ 不明确。但随着对大学教育和成人终身 ない。しかし、大学教育や成人に対する生涯 教育的重视,残疾人教育康复正在从学 教育が強調されるようになり、今や障害者の 龄期的学校教育逐渐扩展到社会教育的
教育的リハビリテーションは、学童期の学校 范畴。 教育だけでなく社会教育の範囲にまで拡大
しつつある。
Ⅰ障害児教育の現状 Ⅰ残疾儿童教育现状
 日本では 1872(明治 5)年に学制が敷かれ 日本在 1872(明治 5)年建立了教
たが、障害児は就学猶予・免除として公教育 育制度,但残疾儿童延期、免除入学,被
の対象から外されていた。そのため障害児は 排除在了公共教育对象之外。因此长期 長い間、既述した柏学園や滝之川学園のよう 以来,残疾儿童都在前文所述的柏学园
な私学や社会福祉施設が教育の場であった。 和泷之川学园等私立学校和社会福利机
戦後になっても就学猶予・免除規定は残り、 构接受教育。战后仍保留了延期、免除 親たちや教育関係者が障害児の教育の必要 入学的规定,父母们和教育工作者都呼
性を訴えてきた。その後、長い時間を経て、 吁要对残疾儿童进行教育。此后,过了 1979 年にようやく障害児教育が義務化され、 很长一段时间,1979 年终于开始对残疾
どんなに重い障害児でも教育の対象になっ 儿童实施义务教育,无论障碍多么严重
たが、それは地域の学校からは分離された養 都可以接受教育,但重点放在了从地域
30
護学校での教育に重きがおかれていた。 学校分离出来的护理学校教育。
 現在、障害児が就学年齢になると、居住地 现在,残疾儿童到了入学年龄,居
の教育委員会が就学相談・指導をとおして就 住地区的教育委员会通过入学咨询和指
学する学校を決める。そして、その教育は障 导确定就学学校。而且分为残疾儿童的
害児のための特殊教育と普通教育に分かれ 特殊教育和普通教育。特殊教育在盲人
ている。特殊教育には盲学校、ろう学校、養 学校、聋哑学校、护理学校、地区中小 護学校、地域の小・中学校に設置されている 学校都设有特殊班级。1993 年启动了残
特殊学級がある。1993 年には障害児が普通 疾儿童把学籍设置在普通班级,在特殊
学級に学籍を置きながら、特別学級で教育を 班级接受教育的通级制度。 受ける通級制度が開始された。
原則として親がこれらの学校から児童を 原则上,父母从这些学校中选择一 就学させる学校を選択することなっている 所让子女就学,但实际上,障碍程度较
が現実には、比較的障害の程度が軽い児童は 轻的儿童一般会选择特殊班级和通级教
特殊学級や通級に、障害が重い児童は養護学 育,而障碍程度较重的儿童则进入护理 校へとなっていることが一般的である。さら 学校。此外,对于重度、重症残疾儿童 に重度・重症の障害児や病気で学校に通えな 以及因病无法上学的儿童,老师会到家
い児童には教師が家庭や病院に訪問する訪 庭和医院拜访,进行访问教育。
問教育がある。
特殊教育における教育の内容は各教科、道 特殊教育内容除了各学科、思想品
徳、特別活動の他に、障害児教育独自のもの 德、特殊活动外,还有残疾儿童教育特
として養護・訓練がある。また、知的障害児 有的护理和培训。此外,智力障碍儿童 の養護学校小学部では、社会、理科、家庭科、 护理学校小学部针对障碍问题还开设了
保健を合わせた生活科を設置するという障 特殊课程,如结合社会、自然科学、家 害への配慮から特別なカリキュラムを用意 庭、保健等内容的生活科目。 している。
Ⅱ統合教育とインクルージョン Ⅱ统合教育与包容
 このように、日本の障害児教育は障害児と 日本的残疾儿童教育一直这样将残
障害のない児童とを分離して教育をしてき 疾儿童与普通儿童分开进行。但残疾儿
た。しかし、ノーマライゼーションと障害児 童分离教育与正常化是不相适应的,所
に対する分離・隔離教育は相いれないもので 以分离教育在世界范围内进行了修正。 あり、分離教育は世界的なレベルで修正され 20 世纪 70 年代以来,一直强调残疾儿
ている。1970 年代以降、障害児・者は一般 童、残疾人不与普通儿童分开,而是一
の児童と分離するのではなく、一緒に教育を 起接受教育的残疾儿童教育理念。《关于 受けるべきであるという障害児教育に対す 残疾人的世界行动纲领》(1982 年)指
る考え方が強調されている。障害者に関する 出“残疾人教育应尽可能在正常教育体 世界行動計画(1982 年)では「障害者の教育 系内进行”,以及《残疾人机会均等化标
はできるかぎりー般の教育制度のなかで行 准规则》(1993 年)中也有“政府应该
われるべきである」とされ、障害者の機会均 认识到残疾儿童、青年、成人综合环境 等化に関する基準規則(1993 年)にも「政府 下的初等、中等、高等教育机会均等原
は障害をもつ児童・青年・成人の統合された 则”的规定。 環境での初等・中等・高等教育機会均等の原
則を認識すべきである」と示されている。
 アメリカでは 1975 年には全障害児教育法 美国在 1975 年颁布了《全体残疾儿
が成立し、障害児が特殊教育や普通の教育環 童教育法案》,指出了残疾儿童被排除在
境から排除された環境での教育問題が指摘 特殊教育和普通教育之外的问题。并且
31

の個別の能力・特技を生かせるように指導す 问题,例如,缺乏指导残疾儿童发挥个
る力の不足、理解力に応じた教授方法の欠 人才能、特长的能力;缺乏与其理解能
如、障害児とそうでない児童との間の相互の 力相适应的教学方法;以及缺乏帮助残
人間関係を育むことを援助する力の不足等 疾儿童与正常儿童建立人际关系的能力 インクルージョンに向けた教育現場の課題 等等。
は多い。
 インクルージョンは「通常な場面におけ 包容又被称作“通常情况下的援助
る。援助付きの共生戦略」とも呼ばれ、障害 性共生战略”,它是超越残疾儿童教育的
児教育を超えた概念である。障害児教育のみ 一种理念。不仅包括残疾儿童教育,还 ならず障害者を就労場面に包み込み社会の 包括让残疾人投入到工作当中,作为社
一員として共生できる社会づくりの手段、障 会一员构建共生社会的手段,也包括学 害のない児童が学校から排除されたり、落ち 校排除无障碍儿童,不出现落后儿童等,
こぼれる児童を出さない等すべての児童の 能够分别满足所有儿童诉求的手段。
ニーズに個別的に応じる手段までも包摂す
るという。
第 3 節 職業リハビリテーション 第 3 节 职业康复
Ⅰ職業リハビリテーションとは Ⅰ何为职业康复
 人間が働くことには次のような意義があ 人类工作具有以下意义:获取收入
る。収入を得て生計を立てること、自己に合 来谋生,选择适合自己的职业来实现自
った職種を選ぶことにより自己実現を果た 我,以及通过工作与社会接轨,实现社
すこと、そして就労をとおして社会とかかわ 会参与。残疾人也是如此,但障碍通常
りをもち社会参加を果たすことである。これ 会妨碍其工作。能够帮助残疾人就业的
は障害者にとっても同じであるが、障害があ 活动就是职业康复训练。
るために就労することに支障が生じること は多い。障害者の就労を援助する活動が職業
リハビリテーションである。
 国際労働機関(LO)は「職業リハビリテー 国际劳工组织(LO)于 1983 年通
ション及び雇用に関する条約」(第 159 号) 过了《职业康复和就业公约》(第 159
を 1983 年に採択し、日本は 1992 年に批准し 号),日本在 1992 年批准。公约规定“残
た。この条約では「障害者が適当な雇用に就 疾人能获得和保持合适的职业并得以提 き、それを継続し、およびそれにおいて向上 升,从而促使其与社会结合或重新结合
することができるようにすること、並びにこ 为一体。”5也就是说,职业康复训练不 のことにより障害者の社会への統合または 仅旨在让残疾人参与生产活动,还要通
再統合を促進することである」とされてい 过就业使他们成为社会的一员。 る。つまり、職業リハビリテーションは障害
者を生産活動に従事させることだけを目的 とするのではなく、雇用をとおして障害者が
社会の一構成員になることをめざしている。
そして、その援助過程は、職業評価、職業 此外,援助过程包括职业评价、职 相談、職業準備訓練、職業訓練、就職斡旋、 业咨询、职业准备训练、职业培训、职
アフターケアと就職等雇用につながるまで 业介绍、后期护理和与就业相关的各项 の援助、および職場等で仕事に慣れたり、職 帮助,以及在工作岗位习惯了工作内容,
5 全国人民代表大会常务委员会关于批准《第 159 号残疾人职业康复和就业公约》的决定 1987.9.5。“各会员国应把 职业康复的目的视为使残疾人能获得和保持合适的职业并得以提升,从而促使其与社会结合或重新结合为一体。”
33
場に適応できない場合の相談や職業を継続 却无法适应工作场所时,提供的咨询和
していくような支援も含んでいる。 继续就业援助。
Ⅱ職業リハビリテーションの実施 Ⅱ职业康复的实施
 日本において職業リハビリテーションは 在日本,职业康复训练主要根据《残
主に「障害者の雇用の促進等に関する法律」 疾人就业促进法》来实施。之外,还实 により実施されている。そのほかに「職業安 施了跨劳动行政管理和厚生行政管理的
定法」「職業能力開発促進法」および「身体 各项法律,如《就业保障法》《职业能力 障害者福祉法」「知的障害者福祉法」「精神保 开发促进法》《身体障碍者福利法》《智
健及び精神障害者福祉に関する法律」など労 力障碍者福利法》《精神保健和心理障碍 働行政と厚生行政にまたがり各法実施され 者福利法》。2001 年 1 月起,省厅改组
ている。2001 年 1 月からは省庁再編により 将其合并为厚生劳动省,这可能有助于
これらが統合された厚生労働省となるので、 其全面实施。图 3-1 展示了日本的职业
その総合的実施につながるかもしれない。図 康复训练流程。
3-1 に日本の職業リハビリテーションの流れ
を示した。
従来より労働行政関係では職業紹介、職業 一直以来,劳动行政管理关系中,
相談、雇用保険等職業の安定のために設置さ 为在职业介绍、职业咨询、就业保险等
れた公的機関である公共職業安定所(ハロー 方面保持就业稳定,设置了公共职业安 ワークともいう)が求職登録、職業相談、職 定所(又称 Hello Work)这一公共机构。
業紹介などを行うとともに、事業主に対し障 公共职业安定所不仅可以进行求职登 害者の雇い入れの勧奨や求人の開拓も努力 记、职业咨询、职业介绍还会奖励企业
することになっている。これらの業務を行う 家雇佣残疾人,拓展新的工作机会。为 ために就職促進指導官が任命されている。 办理这些业务,任命了就业促进指导官。
また、『障害者の雇用の促進等に関する法 此外,《残疾人就业促进法》中为促 律」で障害者の職業生活の自立を促進するた 进残疾人独立进行职业活动,对残疾人
めに障害者職業センターを規定し、これは障 就业服务中心进行规定,残疾人就业综
害者職業総合センター(全国で 1 か所)、広域 合服务中心(全国一所),广域残疾人就
障害者職業センター(全国で 3 か所)および 业服务中心(全国三所),以及各都道府
各都道府県に 1 か所の地域障害者職業セン 县均设有一所区域性残疾人就业服务中
ターがある。これらのセンターには障害者職
業カウンセラーを配置し、職業リハビリテー 心。这些服务中心配置了残疾人职业咨
询师,主要制定职业康复计划,进行职
ション計画の策定をはじめ、職業評価、職業 业评价、职业咨询、职业准备训练等。
相談、職業準備訓練等の業務を行う。職業訓 职业培训在残疾人职业能力开发学校进
練は障害者職業能力開発校で行う。さらに、
障害者雇用支援センターが就職が困難な重
度障害のある人の自立を図るために公共職
業安定所や福祉施設との連携で就労後の職
場定着までの相談、援助を行っている。
 また、従来より厚生行政関係でも身体障害
者・知的障害者更生相談所の職能判定員、心
理判定員も職能評価、職業相談、職業準備訓
練等を担っている。このほかに、身体障害者
更生援護施設の生活指導員や福祉事務所の
担当者、中学校・高等学校の進路指導の教師
も職業相談等の職業リハビリテーションに 行。并且,残疾人就业援助中心为了帮
助难以工作的重症残疾人实现自立,与
公共职业安定所和福利机构展开合作,
直到残疾人就业后被安置到具体工作岗
位,都会为其提供咨询和帮助。
此外,一直以来,在厚生行政管理
体系中身体障碍者、智力障碍者自立咨
询处的职业判定员、心理判定员也肩负
着职业评价、职业咨询、职业准备训练
等职责。除此之外,身体障碍者自立援
助设施的生活指导员,福利事务所的负
责人,初、高中就业指导老师也都参与
34

極的に支援すべきである」(障害者の機会均 疾人统一正常就业”(《残疾人机会均等
等化に関する基準規則)というノーマライゼ 化标准规则》)。一直以来残疾人职业康
ーションの波が障害者の就労にも影響を及 复训练采取接受职业培训后再就业的阶
ぼし始めている。障害者の職業リハビリテー 段性方法,但工作场所也正在引进配有 ションでは職業訓練を受けてから就労する 辅助人士(作业教练)的就业方式,即辅 という段階的な方法がとられてきたが、就労 助性就业(supported employment)。总之,
の場に援助者(ジョプコーチ)をつけて雇用 这与残疾儿童教育中的包容理念具有异 をする援助つき雇用(supported employment) 曲同工之处。 が導入されつつある。つまり、障害児教育に おけるインクルージョンと同様の考え方で
ある。
 アメリカでは既に 1986 年から導入し、通 美国已从 1986 年开始导入该制度,
常の場面での重度障害者の一般雇用を可能 并取得了显著成效,使得通常情况下,
にするという成果をあげている。日本では労 重度残疾人能够正常就业。日本劳动省 働省がようやく 2000 年に試験的にジョプコ 终于在 2000 年试验性地引入了作业教
ーチ制度を導入し、2002 年の本格実施をめ 练制度,预计 2002 年全面实施。作业教
ざしている。ジョプコーチは、仕事を教えた 练不仅教授工作内容,还协调工作中的 り職場における人間関係の問題調整も行う。 人际关系问题。对残疾人来说,这是边 障害者にとっては仕事をしながら訓練を受 工作边接受培训的一种方式。而且就业 ける方法になる。そして就労が物理的に職場 不仅要立足于工作场所,还要实际上帮 にいるだけではなく、障害者が人間関係を保 助残疾人维系、发展人际关系,实现社 ち、発展することを支援する内実を伴う社会 会融合和包容。 統合、インクルードとなるのである。
第 4 節 社会リハビリテーション 第 4 节 社会康复
Ⅰ社会リハビリテーションとは Ⅰ何为社会康复
社会リハビリテーションは他のリハビリ 虽然社会康复和其他康复领域一
テーションの分野と同様にその必要性は確 样,已经确认了其存在的必要性,但与 認されてはいたものの、他の分野と比べる 其他领域相比,其范围、对象并没有那
と、範囲も対象もわかりにくい。その対象に 么清晰。它的对象主要包括两方面:围 は社会保障制度、社会福祉制度、障害者対策 绕残疾人制定的各项制度和政策,如社
などの障害者を取り巻く制度・政策と社会福 会保障制度、社会福利制度、残疾人对 祉の専門的援助方法の両面を含んできた。こ 策等,以及社会福利方面的专业援助方
の点、障害者福祉政策との違いがあいまいで 式。这点与残疾人福利政策的差别比较
あり、意見も分かれるところである。 模糊,存在分歧。
 とはいうものの社会リハビリテーション 然而,在社会康复训练中,残疾人
では、障害者を社会的に生存する人間と把握 被视为在社会中生存的人,不断寻求参 し、社会への営みに参加する仕方に取り組ん 与社会活动的方法。其中包括了何种残
できた。これには、どのような障害者が、ど 疾人以何种方式进行社会参与,这与社
のように社会に参加するかということなど 会形态密切相关。虽然个人的人格养成 が含まれており、社会のあり方が密接に関係 和社会适应能力等主观因素对残疾人参
する。個人の人格的発達や社会適応能力など 与社会活动有一定影响,但众多事例表 主体的側面が障害者の社会参加に影響する 明,很多时候即使残疾人抱有强烈意愿、
ことは確かであるが、障害者個人がいかに強 拥有卓越能力,也无法参与到社会中去。
い意思や優れた能力をもっていても社会参 由此可以看出社会参与中社会形态与残
36
加が具体的にならない実例が多いことにみ 疾人之间的关系。残疾人参与社会活动
るように、社会参加における社会のあり方と 比较困难的就是,必须同时着眼于残疾
障害者の関係は理解できる。人間としての社 人本身和其所处的社会环境这两方面。
会的営みへの参加を問題にするには、障害者 残疾人难以在社会中生活,其原因在于 個人と、その個人を取り巻く社会環境などの 缺乏残疾人生活环境和生活基础。只要
環境との両方への着目がなければならない 环境问题得不到解决,无论残疾人多么 のである。障害者の社会生活の困難さは障害 努力,也无法在社会中独立。所以,重
者の生活環境・生活基盤の欠如にあり、環境 点在于要构建残疾人的基本生活条件。
課題が解決しない限り障害者がいかに努力 因此,社会康复训练不仅包括了针对残 をしても社会的自立に結びつかないと、生活 疾人本身的专业技术,还包括环境方面
条件の基盤づくりを強調したのである。それ 的制度和政策,如残疾人对策等。这点 ゆえに、社会リハビリテーションは障害者個 与医学康复以个体为对象不同。而且,
人に対する専門技術と環境としての障害者 随着社会人权主义思想高涨,残疾人对
対策等の制度・政策を含んできたのである。 策取得进展,残疾人内部出现变化等导 この点、個体・個人を対象としてきた医学的 致社会变动,这些都逐步影响了社会康 りハビりテーションなどとは異なる部分で 复概念的转变。 ある。そして、社会の人権思想の高揚等に付 随する障害者対策の進展や障害者の内的変 化などの社会の動きは、社会リハビリテーシ ョンの概念の変遷に影響している。
Ⅱ機会の均等化を目標に Ⅱ追求机会平等
障害者の社会参加に対する考え方は国際 残疾人进行社会参与的想法在国际
障害者年で大転換し、その取り組みが続いて 残疾人年出现了巨大的转变,其措施仍
いる。国際障害者年の「完全参加と平等」と 在继续。 国际残疾人年以“充分参与和
いうテーマの「完全参加」は、障害者が社会 平等”为主题,其中的“充分参与”标 に完全に参加することと障害者が社会の発 志着残疾人充分参与社会以及残疾人可
展に完全参加できるような積極的役割を意 以在社会发展中发挥充分参与的积极作 味している。また、「平等」は社会・経済の 用。此外,“平等”意味着平等享有因社 発展によりもたらされている生活条件を平 会和经济发展而改善的生活条件,明确
等に享受できることを意味しているという 了残疾人在社会中的地位。在承认残疾 ように、障害者の社会における立場を明確に 人具有与其他公民同等的权利后,继续
した。このような他の市民がもつ諸権利は障 提出了实现目标的具体方案,并实施了 害者も同様にもつことを認知したことに続 相应举措。 き、それを実現する対策を具体化する方策の 提起と取り組みが続いている。
国際障害者年に続く「障害者に関する世界 国际残疾人年后《关于残疾人的世 行動計画」(1982 年)で示した対策の柱の 1 界行动纲领》(1982 年)提出的一个主
つの「機会の均等化」は「物理的環境、住宅 要对策就是“机会平等”,它是指“要使
と交通、社会サービスと保健サービス、教育 整个社会体系能为人人所利用,诸如物 や労働の機会、スポーツやレクリエーション 质文化环境、住房和交通、社会服务和 の施設を含めた文化的及び社会的生活とい 保健服务、教育和就业及包括体育运动
った社会の全体的な機構を、すべての人にと 和娱乐设施在内的文化和社会生活”6不
6 联合国大会第 37/52 号决议《关于残疾人的世界行动纲领》1982.12.3。“机会平等是指要使整个社会体系能为人人
所利用,诸如物质和文化环境、住房和交通、社会服务和保健服务、教育和就业及包括体育运动和娱乐设施在内的
37
り利用できるようにしていく過程を意味す 论障碍程度和种类,所有残疾人都要以
る」と定義されている。障害の程度や種類な 消除阻碍平等进行社会参的壁垒为课
どに関係なく、すべての障害者が平等に社会 题。保证机会平等的措施是要整合社会
に参加する機会を阻んでいる障壁の除去を 资源,如残疾人福利关系方面的法律建 課題にしているのである。この機会の均等化 设、服务,这也是社会改造的基础。 を保障する取り組みは障害者福祉関係の法 的整備、サービスなどの社会資源の整備等の
取り組みであり、社会改造の基本的土台でも
ある。
 社会リハビリテーションが問題にしてき 社会康复之所以受到关注,一方面
た一側面である障害者に対する社会のあり 是因为需要转变残疾人社会形态,即可 方の変容の必要性は「機会の均等化」に帰結 归结为“机会平等”,社会康复就是要实
し、社会リハビリテションはその実現を目標 现这个目标。这样随着社会层面进行“机
にすることになった。このように社会的側面 会平等”化整合,另一方面对个人进行 が「機会の均等化」で整理されたことから、 专业援助时,也萌生了社会生活援助的 もう一方の個人に対する専門的援助には社 想法。 会生活力の援助という考えが生まれてきた。
Ⅲ社会生活力と環境の相互作用 Ⅲ社会生活能力与环境之间的
相互作用
 「機会の均等化」で社会資源が整備された 利用“机会平等”整合社会资源时,
場合に、それを活用する障害者自身の力に着 要着眼于能够灵活运用这一举措的残疾
目するようになった。それは国際リハビリテ 人自身力量。这是康复国际 ーション協会(Rehatation International:RI)の (Rehabilitation International :RI)专委会
専門委員会である社会委員会が、1960 年代 社会委员会自 20 世纪 60 年代起,对社
から社会リハビリテーションの概念を検討 会康复概念进行探究的结果。1986 年,
した結果である。社会委員会は 1986 年に社 社会委员会将社会康复定义为“旨在提
会リハビリテーションの定義を「社会生活力 高社会生活能力的过程”,此外“社会生
を高めることを目的としたプロセスである」 活能力是指在各种社会条件下,残疾人
とし、また「社会生活力とは様々な社会状況 为满足自身需求而从事劳动的能力,也
の中で、障害者自身が自らのニーズを充足す 是残疾人最充实地行驶其社会参与权利
ることに向かって働く人間の能力であり、ま 的自身力量。”此后,社会康复主要以社 た最大限豊かに障害者自身が社会参加を達 会生活能力(social functioning abilities:
成する権利を行使させる自らの力でもある」 SFA)为对象,进行个人专业援助。
とした。これ以後、社会リハビリテーション は、個人への専門的援助として主に社会生活 力(social functioning abilities:SFA)を対象にす
ることになった。
社会生活力は障害者が自己を大切にする 社会生活能力包含内在能力,如残
力、自分の意志で人生を切り開こうとする 疾人自我关心的能力、以个人意志开拓
文化和社会生活。”
38
力、自己主張する力、他者との人間関係を結 人生的能力、自我主张的能力、与他人
ぶ力等内発的力と、これらを基盤にした保健 交往的能力,还包括以此为基础的保健、
・福祉サービス等日々の生活に必要なサービ 福利等日常生活所需的各种服务,以及
スや近隣等の社会資源を障害者自身が主体 残疾人以自我为中心,充分利用当地社 的に活用する力も含まれる。社会リハビリテ 会资源的能力。社会康复致力于发挥残
ーションは障害者に潜在しているこれらの 疾人潜在的这些能力,使其成为生活和 能力に働きかけ、障害者が生活の主体、権利 权利的主体,能够自己创造丰富多彩的
主体となり、障害者自身が豊かな生活をつく 生活。这不仅强调了残疾人个人能力,
り上げることをめざすことになった。その際 还要考虑与“机会平等”所整合的社会 に障害者個人の能力のみを強調するのでは 环境之间的相互关系。如果没有足以充
なく、「機会の均等化」で整備する環境との 实残疾人生活的服务数量、服务质量以 相互関係で捉えている。障害者の生活を豊か 及服务信息等社会资源,环境没有得到
にするに足るだけのサービスの量・質、サー 改善,就无法提高社会生活能力。
ビスに関する情報など社会資源や環境の整 備がなくては社会生活力を高めることもで きないという考え方である。
したがって、障害者を既存の社会の枠にあ 因此,并非要残疾人适应现有的社
てはめて適応させるのではなく、障害者主体 会结构,而是要给予残疾人必要支持,
で社会との関係を取り結ぶのに必要な力を 使其自己构建与社会之间的关系,帮助
支援し、障害者がサービス等社会環境との相 残疾人建立与服务等社会环境之间的联
互関係を結べるようにも援助するのである。 系。通过发挥残疾人社会生活能力,不 障害者の社会生活力が機能することで社会 仅能够更轻易地建立社会关系,还能推
関係を結びやすくするだけでなく、サーピス 动服务人员等环境建设,起到改善环境 を担う人等環境にも働きかけ、環境もよくな 的效果。 るという効果もあるはずである。
第四章 リハビリテーション医学 第四章 康复医学
第 1 節 リハビリテーション医学 第 1 节 充分利用康复医学
の活用
Ⅰ早期開始の原則 Ⅰ早期开始原则
1-機能障害の改善 1——改善功能障碍
リハビリテーションの早期開始は心身機 早期开始康复训练有利于改善身心 能の障害の回復を促すのに有効である。たと 功能障碍。例如,可以帮助脑损伤偏瘫
えば脳を損傷し、片麻痺になった人の麻痺の 患者康复病情。如果大脑损伤,康复医 回復に役立つ。損傷しているのは脳である 学不会直接对大脑进行干预,而是通过
が、リハビリテーション医学では脳に直接操 引导体外重复性正常运动,以期待大脑
作を加えるのではなく、身体の外部から繰り 的可塑性来改善功能障碍,早期治疗效 返し正常な動きを誘導する訓練を行うこと 果更好。另外,如果脑卒中发病早期就
で脳の可塑性を期待し機能障害の改善を図 充分接受瘫痪康复训练,功能障碍也会 るのであり、早期の開始がより効果的であ 尽早得到改善,由此也能轻易应对功能
る。また、脳卒中発症後早期から麻痺の回復 障碍以外的其他伤害。特别是老年人,
のための十分な訓練を受けると、機能障害の 是否进行早期康复治疗会对障碍情况产
39
改善の見通しが早めにつくので、機能障害以 生影响,因此,开始早期康复治疗就显
外の障害への対応の手立てがしやすくなる。 得越发重要了。
特に高齢者は早期にリハビリテーションを
開始したか否かが、障害状況に影響を与える ので早期のリハビリテーションの開始は一
層重要である。
2―廃用症候群等の二次的障害の予防 2——预防废用综合征等继发性疾

リハビリテーションの早期開始は廃用症候 早期开始康复治疗,对于预防废用 群の予防にも重要であり、また、その効果は 综合征具有重要的作用,并且 20 世纪
治療の時間の短縮にもつながることが 1940 40 年代就已证实它具有缩短治疗时间的
年代から実証されている。身体機能のみなら 效果。不仅身体机能,心理机能也会产 ず精神機能にも廃用症候群は生じ、非活動的 生废用综合征,主要是生活不积极导致 な生活により精神活動が低下し、行動する意 心理活动减少,行动欲望降低。此外,
欲の低下につながる。また、以下のように各 以下身体各个脏器也会发生废综合征。
身体の臓器にも廃用症候群が起こる。 ①全身废用
1 全身的な廃用 心肺功能减退导致的气短、心率过
心臓・肺機能の低下による息切れや頻脈、 快、体位性低血压。消化系统功能下降
起立性低血圧。消化器機能の低下による便秘 导致的便秘、食欲不振等。
や食欲不振など ②局部废用
②局部的な廃用 肌肉废用萎缩引起的肌无力和肌肉
筋の廃用萎縮による筋力低下や筋持久力 持久力下降,关节挛缩、骨萎缩引起的
の低下、関節拘縮、骨萎縮による骨粗鬆症、 骨质疏松,褥疮等
褥瘡など 如果在原功能障碍的基础上患有这
 本来の機能障害にこれらの廃用症候群が 些废用综合征,那么康复治疗和训练就
重なると、障害の治療や訓練にも時間や労力 会耗费大量的时间和精力。残疾人日常 を取られることになる。廃用症候群は障害者 生活中也会发生废用综合征,应时常注 の生活場面でも起こるので常に注意すべき 意,因此有必要在生活方面进行康复医
であり、それゆえに生活場面におけるリハビ 学干预。为了更高效、更有效地充分发 リテーション医学の関与も必要になる。リハ 挥康复医学的作用,早期开始康复训练
ビリテーション医学を効率的・効果的に活用 尤为重要。 するためにも、リハビリテーションの早期開
始が重要になる。
Ⅱ健全な機能の見極めと福祉用具・ Ⅱ辨别健全功能,活用康复器材
道具の活用
 日常生活動作の自立がリハビリテーショ 一直以来,康复医学的重要作用就
ン医学の重要な役割であることは変わりな 是实现日常行为活动独立。日常行为活 い。日常生活動作訓練では起居動作、歩行訓 动训练意在使患者能够在日常起居、行
練、食事動作、排泄動作など身の回り動作を 走、饮食、排泄等基本生活方面实现自 実際の生活場面で自立してできることをめ 理,虽然未必能使残疾人恢复到受伤之
ざすが、その方法は障害受傷前のやり方に戻 前的状态,但可以在一定程度上治疗功
すとは限らず、機能障害などに応じた方法を 能性障碍。此时专业人员能否辨别、充
40


第 2 節 障害の程度とリハビリテ 第 2 节 障碍程度与康复医学
ーション医学の実際 实况
Ⅰ身体障害 Ⅰ身体障碍
1——脳卒中 1——脑卒中
1 障害の原因 1 障碍原因
 脳卒中はリハビリテーション医学の対象 脑卒中是康复医学中比较常见的对
として一般的であり、脳の血管に障害が生じ 象,它会损害大脑血管,损伤供养脑细 栄養を供給していた部分の脳細胞の損傷が 胞(图 4-1)。血管损伤方式,可分为脑
起こる(図 4-1)。血管の障害の仕方には脳の 血管破裂引起的颅内出血、蛛网膜下腔
血管が破れて出血する脳内出血とクモ膜下 出血和脑血管阻塞引起的脑梗死。另外, 出血、脳の血管がつまる脳梗塞に分かれる。 依据阻塞方式不同,脑梗死可分为血管 また、脳梗塞はつまり方の違いにより、血管 壁变窄而阻塞的脑血栓,以及栓子从心
壁が狭くなりつまる脳血栓と、心臓などから 脏等器官脱落,阻塞血管的脑栓塞。
組織片が移動し脳の血管でつまる脳塞栓が
ある。
中枢神経(脳と脊髄)は人間のあらゆる機 中枢神经系统(大脑和脊髓)掌管
能を司っており、中枢神経の損傷である脳卒 着人体的所有机能,中枢神经系统损伤 中ではその損傷部位や広がりによりさまざ 出现脑卒中时,根据损伤部位和范围,
まな機能障害が起こる。 会出现不同的功能障碍。
2 主な障害とその影響 2 主要障碍及其影响
①運動障害 ①运动障碍
運動障害は片麻痺が多い。この場合の麻痺 运动障碍常表现为偏瘫。这种情况 とは単に筋力が喪失・低下するのではない。 下,瘫痪并不是单纯的肌肉力量降低、
発症直後の筋力が喪失したようにみえる状 丧失。刚开始发病后,肌肉力量丧失(松 態(弛緩)から時間の経過に従い、筋の緊張が 弛),随着时间的流逝,肌肉变得紧张, 発生し、次第に増強してくる。動きはパター 并且程度逐渐加强。各关节难以自由活 ン化した動き(共同運動)になるのが特徴で、 动,主要表现为模式化运动(协同运动)
各関節を随意的に動かすことが困難である。 7。治愈瘫痪就是从模式化运动中解脱出
麻痺の回復とはパターン化した動きから脱 来,各关节可以随意活动。 し、各関節を随意的に動かせるようにするこ
とを意味する。
 この片麻痺のパターン化した動きは、身体
の支持と歩行という大雑把な動きですむ下
肢は、感覚障害や高次機能障害がなければそ
の機能を果たせる。しかし、細かな作業、巧
緻性の高い動きが要求される上肢ではパタ
ーン化した動きでは ADL がしにくくし、よ
り不自由さ、不便さを感じる。
②感覚障害 在这种偏瘫模式化运动中,下肢可
以完成简单的身体支撑和行走,如果没
有感觉障碍和严重的功能障碍是可以发
挥作用的。但需要上肢进行精细活动、
完成精准度较高的动作时,ADL 难以在
模式化运动中进行,还会觉得更加不自
由、不方便。
②感觉障碍
7 协同运动是指各关节试图运动时,相邻关节甚至整个肢体都会随之运动,难以产生独立关节的分离运动,是不可
控制的固定运动模式。
43

配慮がある。これらが原因で変形、関節拘縮、 它们能够导致变形、关节挛缩和废用性
廃用性筋萎縮になり、生活活動の制限につな 肌肉萎缩,还可能限制日常活动,因此
がり得るので日常生活をとおして注意が必 必须在日常生活中加以注意。 保持对称
要になる。対称的な姿勢や動作を心がけるこ 性姿势和动作有助于从模式化的运动中 とでパターン化した動きからの解放に役立 解脱出来。比如坐在轮椅和椅子上时,
つ。たとえば、車椅子や椅子に座るときには 为了使重量均匀地分配到左右臀部,站 左右の臀部に体重が均等にかかるように、座 起来时要对瘫痪一侧施加重量,重心平
位からの立ち上がりは麻痺側にも体重をか 稳向前移动。进餐时,瘫痪一侧的上肢
け、かつ前方への重心移動をスムーズにす 也要放在桌子上,呈两侧支撑状态。 る。食事のときには麻痺側の上肢もテーブル
の上に置き、両側で支持する動作にするなど
がある。
 また生活の活性化による体力維持も重要 另外,通过丰富多彩的生活来维持
である。片麻痺の人は麻痺のない側の下肢の 体力也很重要。偏瘫患者即使对未瘫痪 筋力は訓練をしていても正常の 7 割に低下 一侧进行下肢肌肉力量训练,肌力也会
することや麻痺のない側の大腿骨萎縮も起 降低到正常水平的 70%,而且未瘫痪一
こるという廃用症候群がつきものである。こ 侧还会发生股骨萎缩等废用综合征。这 れらが転倒の原因になり大腿骨頸部骨折に 些都会造成跌倒,容易导致股骨颈部骨 つながりやすい。このために動き方に注意し 折。因此偏瘫患者如何在生活中一边注 つつ生活を活性化させることが片麻痺の人 意行为方式,一边丰富多彩地生活,已 の生活の課題になる。 经成为了一个重要课题。
2——パーキンソン病 2——帕金森病
1 障害の原因 1 障碍原因
パーキンソン病は脳の黒質の神経細胞の 帕金森病是由大脑黑质神经细胞变
変性、委縮により神経伝達物質のドーパミン 性、萎缩导致神经传导物质多巴胺分泌 の産出が悪くなると起こる病気であること 减弱而引起的疾病。多巴胺无法输送到
がわかっている。ドーパミンが脳の運動をプ 编程脑部运动的大脑基底核9中,基底核 ログラミングする大脳基底核に送られなく 功能减弱,造成伤害。虽然无法阻止疾 なるために、大脳基底核の機能が低下して障 病发展,但药物补充多巴胺可以起到控
害が起こる。病気自体の進行はくい止められ 制病情的效果。 ないが、ドーパミンを薬物で補うと症状がコ
ントロールされる。
2 障害の特徴とその影響 2 障碍特征及其影响
 病気自体から起こる基本的障害には、筋の 疾病本身引发的基础障碍包括,肌
性状が硬くなる固縮(筋肉のこわばり)、手、 肉硬化产生固缩(肌肉僵硬),手、脚、
足、唇、舌などが小刻みに震える振せん、固 唇、舌等轻微颤动,固缩导致肌肉停止
縮のために筋肉が動かなくなり、動きが思う 运动,动作不能随心所欲,无法动弹,
ようにできなくなる無動、そして平衡反応障 还会出现平衡反应障碍。并且,站立时
害がある。また、立位では前傾姿勢になり、 身体前倾,难以迈出步伐,走路时很难
歩行は歩きだしにくかったり、歩いていてと 停止,不能变换方向,具有步伐不稳和
まれない、方向転換がしにくいために歩行の 跌倒的风险。固缩和颤抖会造成饮食、 不安定さ、転倒の危険性がある。固縮と振せ 换衣服等 ADL 困难。还会出现表情缺
んのため食事動作や着替えなどの ADL に困 乏,说话困难的特征。
難が生る。表情が乏しく、言葉が発しにくい
9 大脑基底核是大脑深处存在的一组灰白质核团,由尾状核、壳核等组成,各部分相互联系,以保持身体稳定。
45
のも特徴である。
この障害は徐々に進行し、その状態を示す 障 碍 缓 慢 发 展 , 其 状 态 可 以 用 ものとして表 4-1 のようなホーエンとヤール Hoehn 和 Yahr 的重症分类来表示,如表
の重症度分類が使われている。障害が重くな 4-1 所示。障碍加重还会出现起身、翻身
れば起き上がりや寝返り、嚥下の障害も起こ 以及吞咽困难。
る。
3 日常生活の留意 3 日常生活注意事项
パーキンソン病はドーパミンを補充する 帕金森病需要使用可以补充多巴胺
L-ドーパという薬物の利用とリハビリテー 的左旋多巴进行药物治疗,还要利用康 ション医学が必要になる。薬が効いていると 复医学知识。药物产生疗效和未产生疗
きと効いていないときの症状の顕著な差で 效症时症状明显不同,这被称为开关现
あるオンオフ現象がある。そして、無動など 象10。此外,行动不便难以动弹时,还会 の障害で動けない間に筋力低下、関節拘縮、 出现肌力低下、关节挛缩、心肺功能恶
心肺機能の低下などの廃用症候群が発生し 化等废物综合征。努力防止废用综合征 やすい。廃用症候群をできるだけ防ぐこと 可以延缓疾病严重程度,因此需要有意 が、障害の重度化を遅らせることにつながる 识地活动身体。小步行走要做出大幅度
ので、意識して身体を動かす必要がある。小 动作,身体扭转(旋转)困难时,要转
刻みな歩行などには大きな動きを、また、身 动脖子和身子帮助翻身。 体のねじり(回旋)も困難になるので寝返り には首や体をねじる動きを加える。
また、呼吸機能を保つためにも上肢の動 另外比较重要的是,即使为了维持 き、特に胸郭の動き(胸をそらすなど)を悪く 呼吸功能,也不能妨碍上肢运动,特别
しないことが大切である。呼吸機能の保持は 是胸廓运动(例如使胸部歪斜)。保持呼 言葉の発声にも役に立つ。歩行が不安定な場 吸功能有助于语言表达。走路不稳时, 合には住宅の手すりや段差の解消により転 有必要利用扶手和台阶来缓解状况,以 倒を防ぐ必要もでる。 免跌倒。
3——脊髄損傷 3——脊髄损伤
1障害の原因 1障碍原因
 オートバイ事故などの交通事故、体操競技 摩托车等交通事故、体操和橄榄球
やラグビーなどのスポーツ事故、転落などの 等体育事故、跌落等外伤、脊髓肿疡等 外傷、脊髄腫瘍などの疾病が原因で脊髄が損 疾病均可造成脊髓损伤。近来,老年人
傷される。最近は高齢者の室内の階段での転 从室内楼梯上跌落、摔倒造成脊髓损伤 落や転倒で脊髄損傷になる割合が高くなっ 的比重逐渐增加。
ている。
2障害の特徴とその影響 2障碍特征及其影响
 障害の程度は麻痺の程度と損傷を起こし 障碍程度受瘫痪程度和脊髓损伤高
た脊髄の高さに影響される。麻痺の程度は脊 度影响。瘫痪程度可分为脊髓完全损伤 髄の完全損傷による完全麻痺と不完全損傷 导致的完全瘫痪以及脊髓不完全损伤导
による不全麻痺に分かれる。 致的不完全瘫痪。
脊髄は大脳から四肢の随意筋への情報の 脊髓除了将大脑中的信息传递到四
伝達、皮膚などの感覚情報を大脳に伝達する 肢任意肌肉,将皮肤等感觉信息传输到
10 开关现象是指帕金森病患者长期应用左旋多巴类药物后出现的药效波动现象。“关”主要表现为突然出现肢体僵直,
运动不能。“开”主要表现为突然活动正常,肢体僵硬消失,活动自如。这种变化速度非常快,且不可预测,如同电源
开关一样,使帕金森症状在突然缓解和突然加重之间转换。
46
ほか、血管運動や排尿・排便などの自律機能 大脑,还能参与控制血管运动、排尿、
のコントロールにも関与している。そのため 排便等自律功能。因此,除了运动障碍,
脊髄損傷になると運動障害のほかに感覚障 脊髓损伤还会引起感觉障碍和自律神经
害や自律神経障害を起こす。これらの機能は 11障碍。这些功能分别由每个脊髓节段控 図 4-2、図 4-3 のように脊髄節ごとに支配さ 制,如图 4-2 和图 4-3 所示,因此在运动
れているため、運動障害では頸髄損傷は四肢 障碍中,颈髓损伤可导致四肢瘫痪,胸 麻痺、胸髄と腰髄の損傷は対麻痺になる。第 髓和腰髓损伤导致截瘫。第 1~4 节颈髓
1~4 頸髄節の損傷は、呼吸筋の横隔膜が麻痺 损伤可导致呼吸肌横膈膜瘫痪进而造成
するために死亡したり、人工呼吸器が必要に 死亡,这时需要使用呼吸机。 なる。
排尿中枢は仙髄にあり脳からのコントロ 泌尿中枢位于仙髓,由于不受大脑 ールを受けられなくなるために尿意、便意を 控制,容易出现尿意、便意丧失而引起
失う排尿・排便の障害が起こりやすい。 的排尿、排便障碍。 3 日常生活の留意 3 日常生活注意事项
感覚障害があるため褥瘡ができやすいの 患有感觉障碍容易导致褥疮,因此 で、長時間の車椅子などの座位には除圧や特 长时间坐在轮椅等座位上时要缓解压
殊なクッションが必要になる。また、排尿障 力,需要使用特殊靠垫。此外,排尿困
害のため残尿から尿路感染も起こりやすく、 难造成尿液残留,容易引起尿路感染, その予防のために十分な水分の摂取が重要 预防时需要摄取足够水分。 である。
自律神経の障害から体温調節障害がある 自律神经失调造成体温调节异常 場合、うつ熱状態になるため夏は温が上昇 时,由于处在郁热状态,夏季体温升高,
し、冬は体温が低下するので、室内温度の調 冬季体温下降,因此有必要调节室内温 節が必要になる。 度。
Ⅱ発達障害 Ⅱ发育障碍
1——脳性麻痺 1——脑瘫
1 脳性麻痺とは 1 何为脑瘫
脳性麻痺は胎生期、周産期、新生児期に何 脑瘫由胎生期、周产期、新生儿期
らかの原因で、脳損傷が起こることにより発 各种原因导致的大脑损伤引起。脑损伤 生する。脳損傷につながる危険因子には出生 的致病因素有出生时昏厥、体重低下、
時の仮死、低体重、母子の血液不適合などが 母婴血液不容等,但近年来,医疗处理 あげられているが、最近では医学的処置の高 手段更加复杂,我们很难准确把握病因。 度化によりその原因の的確な把握が困難に
なっている。
 そして、厚生省脳性麻痺研究班(1968 年) 并且,根据厚生劳动省脑瘫研究班
の定義によると、脳性麻痺とは「受胎から新 (1968 年)的定义,脑瘫是指“怀孕到新
生児(生後 4 週間以内)までに生じた、脳の非 生儿12期间,基于大脑非进行性病变而产
進行性病変に基づく、永続的なしかし変化し 生的一种持久、可变化的运动和动作异 うる運動および姿勢の異常である。その症状 常”。症状出现在 2 岁以前。进行性疾病
11 自律神经是独立自主、不受人体控制的神经系统,可以无意识地调节身体机能,如心脏搏动、呼吸、消化、血压、
新陈代谢等。
12 新生儿是指胎儿娩出母体,从脐带结扎到出生后 28 天以内这一段时间的婴儿。
47

脳性麻痺の確定診断が出されなくても、そ 即使没有明确诊断出患有脑瘫,如
の疑いがある場合は早期に対応をとるべき 若有所怀疑,也应该及早应对。
である。
脳性麻痺の障害への対応の原理は、正常運 脑瘫的应对原理,是要促进正常运 動発達を促進することと異常な筋緊張を抑 动发育,抑制异常肌肉紧张。以及利用
制する姿勢をとることである。そして、それ 物理疗法、作业疗法和日常育儿活动增 は理学療法・作業療法や日常の育児を通して 强大脑的可塑性。 脳の可塑性に働きかけるのである。
 乳幼児期には PT などによる訓練に加え日 婴幼儿时期,除了进行 PT 训练,还
常の育児、抱き方、食事の仕方、座り方、座 要重视日常育儿、抱法、饮食方式、坐
位のための椅子の調整などに工夫が必要に 姿、椅子调整等。例如,为了保持颈部 なる。たとえば、首のすわりを促すためには 的稳定性,不要一直横向托住婴儿的背,
水平で、背部を支えすぎるのではなく、頭が 而是要采取竖直抱法,以抵消头部的重
重力に抗するような垂直位での抱き方の方 力。此外,肌肉一直保持高度紧张状态, がよい。また、筋緊張の高い状態をそのまま 障碍程度也会加剧,因此,需要设计出 にしておくと、障害を悪化させるので、これ 能够抑制这种情况的椅子和轮椅,采取
を抑制する方法をとるために椅子·車椅子な 比较放松的坐姿。
どを工夫し、リラックスした座位姿勢をとる などが必要である。
年齢に応じて障害が変化するので、具体的 随着年龄的增长,障碍也会发生变
対応はその変化に応じて進めていくべきで 化,应根据病情变化采取具体措施,重 あるが、変形、拘縮、頸椎症などの二次的障 要的是要尽早关注继发性疾病如变形、
害には早くから目配りをし、その予防に心が 挛缩和颈椎病等,注意预防。 けることが重要である。
2——進行性筋ジストロフイー 2——进行性肌肉萎缩
1 進行性筋ジストロフィーとは 1 何为进行性肌肉萎缩
 進行性筋ジストロフィーは、筋肉が変性 进行性肌肉萎缩会出现肌肉变性,
し、次第に骨格筋の筋が萎縮、筋力低下が進 骨骼肌逐渐萎缩,肌力低下,运动障碍 行し、運動障害が重くなる。1 歳未満での発 加重等症状。不满 1 岁到成年后,疾病
病から成人以降の発病と発病時期や遺伝形 均有发生,发病时间,遗传方式,病情
式、進行具合などさまざまであり、主なタイ 发展状况各不相同,主要类型详见表 プを表 4-2 に示した。 4-2。
2 ドシャンヌ型の障害 2 杜氏型(Duchenne 型)障碍
 ドシャンヌ型は進行性筋ジストロフィー 杜氏型是进行性肌肉萎缩中较为常
のなかで頻度が高い。遺伝形式は伴性劣性遺 见的一种类型。由于遗传方式是伴性隐 伝であるため、男児の罹患が多い。5、6 歳 性遗传,所以男孩患病较多。5、6 岁时
頃に転びやすいなどで障害に気づき、10 歳 容易摔倒,注意到障碍,10 岁左右就难
前後に歩行困難や不能、18 歳頃に寝たきり 以步行甚至无法行走,18 岁上下卧床不
になるといわれている。筋力低下は体の中心 起。肌力减弱从靠近身体重心的肩膀、 に近い肩や腰・大腿部の筋肉から始まる。筋 腰和大腿肌肉开始。随着肌力下降,股
力低下に伴い股関節、膝関節、足関節の関節 关节、膝关节、足关节15也容易发生挛缩。
拘縮も起こりやすい。歩行不能になり全身の 全身肌肉萎缩无法行走,进而呼吸肌和 筋萎縮が進むと、呼吸筋の筋力および胸郭の 胸廓活动能力减弱,脊柱变形呼吸功能
15 足关节是指足部骨与骨之间连结而成的人体结构。包括距骨小腿关节(踝关节)、跗骨间关节、跗跖关节、跖骨间
关节、跖趾关节和趾关节。
49
可動性の低下、脊柱の変形から呼吸機能も低 下降。其发展阶段如表 4-3 所示。 下する。その進行は表 4-3 のような段階を経
る。
3 生活上の留意 3 生活上的注意事项
発達途上にある子どもの人間としての生 在保证发育中的儿童拥有人类基本
活を確保しつつ、機能障害の進行を可能な限 生活的同时,还要尽可能地延缓功能障 り遅らせることが重要である。早期に起こる 碍发展。重点在于应对早期关节挛缩,
関節拘縮への対応や過剰な介助による廃用 防止过度护理导致的废用性肌力低下。
性の筋力低下の予防が重要である。歩行可能 在可步行的情况下,走路对于保持运动 な状態では歩行を行うことが移動能力の確 机能,防止呼吸功能下降具有重要的作
保や呼吸機能の低下を防ぐうえで重要にな 用。但要注意,过度强化肌肉力量,强 る。しかし、過剰な筋力強化や無理に関節を 行活动关节会造成肌肉、关节和骨骼的
動かすことは筋、関節、骨の損傷につながる 损伤。
ので注意を要する。
また、呼吸機能の低下が起こりやすく、こ 此外,呼吸功能容易减弱还会造成 れは生命にかかわる問題であり、その予防に 生命危险,预防时,除了进行呼吸训练
は呼吸訓練とともに胸郭の動きを悪くしな 外,还要防止胸廓运动能力变差,以及
いことや脊柱の変形の予防をすることが重 脊柱变形。为了防止脊柱变形,日常生 要になる。脊柱の変形予防には座位の仕方を 活中要多对坐姿多加留意。 日常生活で工夫するとよい。
3——知的障害 3——智力障碍
1 概念と原因 1 概念及原因
 知的障害に AAMR ( The American 智力障碍通常引用 AAMR(The
Association of Mental Retardation)の定義がよ American Assiociation of Mental
く使われ、それによると、知的障害とは「現 Retardation,美国智力障碍协会)的定义。
在の機能が実質的に制約されていることを 即“现有的能力水平有实质上的限制。 いう。それは、知的機能が有意に平均以下で 其特征为:智力明显低于平均水平,同 あることを特徴とし、同時に、次に示す適応 时具有下列各项适应技能领域中,两种 スキルの領域で二つ以上、知的機能と関連し 以上智力功能限制:沟通、自我照顾、
た制約をもつ。適応スキルとはコミュニケー 居家生活、社交技能、活用社区资源、 ション、身辺処理、家庭生活、社会スキル、 自律、健康与安全、实用学科、休闲娱 コミュニティ資源の活用、「自律性」、健康と 乐和工作。并且精神迟缓发生在 18 岁以
安全、実用的学業、余暇、労働である。また、 前”如定义所示,智力障碍并非仅仅使 精神遅滞は 18 歳以前に発症する」。この定義 用智力测试数字(IQ)来判断。社会生
にみるように知的障害は知能検査の数字 活所需的适应技能受到限制,也是智力 (IQ)のみで判断するものではない。社会生活 障碍的判断标准。适应技能受社会、文
を送るうえで必要な適応スキルの制約も知 化、年龄、支持服务等影响,因此即使 的障害の判断基準になっている。適応スキル 智力检测结果相同,也有可能被判定为
は社会・文化、年齢、サポートサービス等に 智力障碍或非智力障碍。
影響を受けるので、同じ知能検査の結果であ っても知的障害と判断される場合とそうで
ない場合が生じ得る。
このように知的障害を考えると、障害原因 如此,对智力障碍进行思考,障碍 は多様になる(表 4-4)。知的機能低下を医学 原因就会变得多种多样(表 4-4)。从医
的観点からみると、中枢性の問題があり、受 学角度来看,智力功能低下存在中枢性
50

②成人から高齢期にかけて ②从成年到老年
 知的障害の人は先天的心臓疾患などさま 智力障碍者通常患有先天性心脏病
ざまな合併症をもっていることが多い。ま 等并发症。此外报告显示,与非智力障
た、知的障害のない人より早めに心身の機能 碍人群相比,他们的身心功能更容易衰 が老化する傾向が報告されているので、健康 退,因此进行健康管理是非常重要的。
管理は重要である。若いときから常に一定の 从幼年起就经常保持一定的姿势,也有 姿勢をとっていることにより障害(たとえば 可能导致障碍(如侧弯、手足畸形)。 側弯や手足の変形)もあり得る。
Ⅲ高齢期の機能障害 Ⅲ老年期功能障碍
1——機能低下と障害の特徴 1——功能下降和障碍特征
 生物としての人間は成長を遂げた後に 人类作为生命体完成生长发育后,
は、疾病や大きな事故がなくても、加齢に伴 即使没有疾病和重大事故,随着年龄的 い緩慢で不可逆的に進行する精神・身体の生 增长也会缓慢、不可逆转地出现身心生 理的機能低下、つまり老化が起こる。この機 理功能减弱,即衰老。这种功能下降虽
能の低下は個人差はあるものの時間の経過 因人而异,但随着时间的发展所有人都
に伴い誰にでも起こり、病気ではない。また、 会发生,它并不是一种疾病。另外,身 心身がストレスにあったときにそれを元の 心处于压力状态时,恢复到原始稳定状 定常状態に戻す復元力である恒常性(ホメオ 态的能力——稳态也会随着年龄的增长 スタシス)も加齢に伴い低下する。高齢にな 而下降。上了年纪后和年轻时做同样动 り若いときと同じように行動すると疲労の 作,也会很难解除疲劳,这就是持久性
回復がしにくいのはこの恒常性の低下の影 下降的影响。虽然衰老很难被阻止,但 響がある。老化をくい止めるには限界がある 饮食、运动等可以抑制或加速老化。 が、食生活、運動などがそれを抑制したり、 促進するといわれている。
 一般的に「まったく歩けない」などの ADL 通常,即使是老年人,ADL 下降(如
が低下する割合は高齢者でも年齢上がるに “完全不能行走”)的比例也会随着年龄 従い増大し、年齢の低い層には少ない。年齢 的增长而增加,年龄较低的人较少。老 の高い高齢者の ADL が下する要因には生理 年人 ADL 下降的原因除了生理功能低
的機能低下に加えて、それに連続する病気も 下外,还包括后续的一系列并发疾病。 合併でいることが考えられる。つまり、高齢 也就是说,老年期生理功能低下与疾病
期には生理的機能低下と病気が密接にかか 密切相关,它可以导致身心功能下降以 わり、心身の機能低下・障害へとつながるの 及各种障碍。
である。
2——生理的機能低下 2——生理功能低下
高齢期は、筋肉・骨格・関節、呼吸循環機 老年期,肌肉、骨骼、关节、呼吸
能、神経系等の全身の生理的機能が低下する 循环功能、神经系统等全身生理功能下 (図 4-5)。骨は骨量の減少や骨組織の構成体 降(图 4-5)。骨量减少,构成骨组织的
であるカルシウムやリンが骨から溶出し、骨 钙、磷等物质从骨中溶出,容易引起骨 粗鬆症になりやすくなる。特に、女性ホルモ 质疏松症。特别是荷尔蒙分泌减少的闭
ンの分泌が減少する閉経期以降の女性に顕 经后的女性尤为显著。患有骨质疏松症 著である。骨粗鬆症になると体重を支える脊 后,支撑体重的脊柱受到压迫,会出现
椎の圧迫を起こし、背中が丸くなる姿勢にな 驼背。
る。
52
関節は軟骨が体重を受けたときにかかる 关节在软骨承受体重时,可以吸收
力を吸収するクッションの役割をしている 力量起到缓冲作用,但随着年龄增长,
が加齢に伴い水分量が減少し、軟骨細胞も代 水分减少,软骨细胞也会出现代谢异常,
謝障害を起こし、荷重を吸収するのに不利に 不利于吸收负荷。此外骨骼和关节长期 なる。また骨や関節への長い間の荷重の過剰 负重过多,关节面不匹配导致骨骼变形、
や関節面の不整合から骨の変形、余分な骨の 形成多余骨骼等,均会引起疼痛。 形成という変化がおき、痛みの原因になる。
運動を行うのに必要な筋力、柔軟性、協応 运动所需的诸如肌肉力量、柔韧性、
性、瞬発力、平衡性(バランス機能)、筋持久 协调性、爆发力、平衡性(平衡能力)、 力などの能力も加齢により低下する。筋繊維 肌肉耐力等也会随着年龄的增长而不断
が細くなる筋萎縮で筋力は低下し、また筋 下降。肌肉纤维变细导致肌肉萎缩,会 肉、靱帯、関節包などの物理的正常の変化に 造成肌肉力量下降,此外肌肉、韧带、
より柔軟性が低下する。協応性、瞬発力、平 关节囊等正常生理变化会导致柔韧性降
衡性は姿勢保持や運動の調整に必要があり、 低。协调性、爆发力、平衡性是保持动 神経系機能に関係している。 作姿势、协调运动的必要因素,与神经
系统功能有关。
柔軟性の低下や骨粗鬆症による円背等は 柔韧性降低、骨质疏松症引起驼背 高齢期特有の姿勢(図 4-6)の要因になり、こ 等是老年期出现特有姿势(图 4-6)的主
のような姿勢は不安定であり、これに筋力・ 要原因。这种姿势具有不稳定性,加上 筋の持久力・平衡性の低下が加わった状態で 肌肉力量、肌肉持久性、平衡性降低, の歩行は不安定になり、転倒等の事故につな 步伐不稳,极易出现跌倒事故。 がりやすい。
 感覚機能も歩行の不安定さの要因になる。 感觉功能也是步伐不稳的重要原
特に視覚では、水晶体の変化で調整力の低 因。特别是视觉上,晶状体发生变化,
下、いわゆる老眼や、水晶体が混濁する白内 调节能力变差,即老花眼、晶状体混浊
障による視力低下がある。 引起白内障,导致视力下降。
 呼吸循環器の機能低下は筋の持久力、そし 呼吸循环系统功能下降会对肌肉耐
て活動性に影響を及ぼす。老化により心臓の 力和肌肉活动能力产生影响。老化导致
1 回心拍出量の低下、肺活量は 70 歳代で 30 心脏搏动一次的输出量减少,70 岁的肺
歳代の半分になり、最大酸素摂取量も低下す 活量变成 30 岁的一半,最大摄氧量也会
る。 降低。
3——事故・病気による機能障害 3——事故和疾病导致的功能障碍
多様な臓器の生理的機能低下に加え、種々 除了各脏器生理功能下降外,很多 の病気を合併しやすい(表 4-5)。高齢者は歩 疾病也容易并发(表 4-5)。老年人步态
行が不安定であり、転倒しやすく、骨粗鬆症 不稳定,容易跌倒,如果患有骨质疏松 があれば、転倒で骨折しやすくなる。また、 症,跌倒时会容易出现骨折。骨质疏松
骨粗鬆症は脊椎圧迫骨折により激しい腰背 症还会引起比脊柱压迫性骨折更为严重 痛も現れる。 的腰背疼痛。
関節軟骨の摩耗や関節の変形で関節に痛 关节软骨磨损、关节变形引起的关
みや腫れが起こると変形性関節症と診断さ 节疼痛和肿胀,被诊断为变形性关节炎。 れる。これは膝関節、足関節など体重をかけ 它通常发生在负重关节,如膝关节、足
る関節に起きやすく、痛みのために関節を動 关节等,如果疼痛导致关节无法活动, かさないと関節拘縮や筋力低下につながる。 就会造成关节挛缩、肌力低下。
 動脈硬化、高血圧、糖尿病も年齢が高くな 动脉硬化、高血压、糖尿病会随着
るに従い増える。動脈硬化は動脈の内壁の脂 年龄的增长而增加。动脉硬化因动脉内
53
肪沈着、内腔への隆起、血栓の形成などのた 壁脂肪沉着、向内腔隆起、形成血栓等
めに内壁が狭くなり、血流の供給に支障がで 造成内壁变窄,影响血液供给。动脉硬
る。動脈硬化により、心臓には狭心症や心筋 化容易引起心绞痛,还容易出现心肌梗
梗塞に脳では脳梗塞に、下肢では壊疽が起こ 塞、脑梗塞导致的下肢坏疽17。高血压会 りやすくなる。高血圧は動脈硬化、心筋梗塞、 引起动脉硬化、心肌梗塞、脑卒中和肾
脳卒中、腎機能不全を、糖尿病も血管に損傷 功能不全,糖尿病也会对血管造成损伤, を起こし、心筋梗塞、脳卒中、腎機能障害、 心肌梗塞、脑卒中、肾功能障碍、末梢
末梢血管障害による壊疽から切断のリスク 血管障碍导致坏疽,还会有截肢的风险。
もある。これらの病気は心身の機能障害の原 这些疾病都能导致身心功能障碍。 因になる。
4——日常生活上の留意 4——日常生活中的注意事项
 これらへの対応は、生理的機能低下を遅ら 为应对这些状况,要高度重视延缓
せること、病気から発生した機能低下・障害 生理功能减退,以及疾病导致的功能低
に焦点がおかれる。前者に対しては機能低下 下和障碍。对于前者来说,重要的是提
を遅らせるために、活動性を高める、生活を 高活动能力,积极生活,以延缓功能衰
活性化することが大切になる。その際に、体 退。这时,运动和活动要考虑到老年人
力や筋力、平衡機能などの高齢者の運動能力 的运动机能,如体力、肌力和平衡能力
に配慮して運動や活動をすることになる。 等。
 病気や事故による機能障害には、その機能 疾病和事故引起功能障碍时,除了
障害への対応と同時に、特に高齢期ゆえの不 应对功能障碍,还要特殊考虑到老年期
活動性による廃用症候群への配慮が不可欠 不活动而导致的废用综合征。因为他们
になる。若い人より著しい機能低下をもたら 会出现比年轻人更加显著的功能衰退。
すことになるからである。たとえば、高齢者 例如老年人肌力明显下降,卧床一日肌 は筋力の低下が著しく 1 日の臥床で 1.5~3.0 肉力量可减少 1.5%~3.0%,因此,即使
%も低下するため、骨粗鬆症による脊椎圧迫 骨质疏松症引起脊椎压迫性骨折,带来
骨折で激しい痛みがあり臥床せざるを得な 剧烈疼痛不得不卧床时,也要对疼痛进 いときでも、疼痛への対応等を施し、臥床期 行治疗,力求将卧床时长控制在 3 周以
間を 3 週間以内にとどめる目標を示してい 内。由此,越是在衰老过程中的老年人,
る。このように老化の過程にある高齢者ほど 就越需要谨慎、细致对待。 注意深く緻密な対応が必要になる。
 生理的機能低下・障害の予防、補完・代替 改善物理环境来预防、补充和替代
のために物理的環境を整備することも重要 生理功能低下和障碍也是十分重要的。 になる。特に、歩行の不安定さや視覚機能の 特别在照顾步伐不稳、视觉功能低下的
低下への配慮として、滑りにくい床、てすり、 患者时,众所周知要整合居住环境,如
照明などの居住環境の整備はよく知られて 设置防滑地板、扶手、改善照明。使用 いる。福祉用具の利用も重要で、病気による 康复器材也尤为重要,即使没有疾病导
障害がなくても歩行の不安定さや変形性膝 致的障碍,步行不稳和变形性膝盖关节 関節症の痛みなどには杖の使用などが勧め 病引发疼痛时,也建议使用拐杖。
られる。
車椅子やギャッチベッドのような福祉用
具は、機能の補完・代替、まな安全な移動や
起居に有効である。しかし、過度に頼り過ぎ
ると廃用症候群の原因にもなり、寝たきりに 轮椅、盖奇床(Gatch 床)等康复器
材可以补充、代替相应功能,有利于实
现安全移动和起居。但过度依赖也会造
成废用综合征,进而长卧不起,因此在
17 坏疽指组织坏死后,受腐败菌感染和其他因素影响,呈黑色、暗绿色等特殊形态。
54
つながるので利用には身体機能を把握した 充分掌握身体机能后,再适当利用是十
うえで適切な使用が大切になる。 分重要的。
高齢期は心身面では機能低下・障害という 老年期在身心方面,必然会涉及功
否定的側面に及ばざるを得ない。しかし、高 能减弱、障碍等消极的一面。但要着眼 齢者のもつ主体性、個性などの人間性に目を 于老年人的主体性、个性,再加以应对。
向け、対応することが重要である。この対応 这种应对方式可能会构建重视自尊的人 が自尊感情を大切にした人間関係や社会参 际关系,产生社会参与的满足感,有利
加における満足感などを生み出す可能性が 于老年人更加积极主动地生活,比如可
あり、それが自立意欲の喚起など生活の活性 以激发他们的自立热情。 化に役立つからである。
第 3 節 福祉用具とリハビリテー 第 3 节 康复器材和康复医学
ション医学
Ⅰ福祉用具の可能性と分類 Ⅰ康复器材带来的可能性及其分

福祉用具は障害者が機能障害を補完し、障 康复器材是残疾人用来弥补功能障
害者の能力を高め生活をしやすくするため 碍,提高残疾人能力,使生活更加便利
に使う道具である。それは個人の生活の場面 的工具。它可以用于个人生活、社会生 での利用から社会生活、社会参加のために使 活及社交参与。从个人生活角度来看,
うものまである。個人の生活をみると、移動 生活、活动场景多种多样,有移动、洗 動作、入浴動作、トイレ動作、コミュニケー 澡、如厕、交流、进餐等。根据每个残 ション、食事動作等生活・活動場面ごとに多 疾人的需求,恰当地使用这些康复器材, 種多様にある。障害者個々の必要に応じて適 可能会对他们的个人活动起到促进作 切に使用することで、個人の活動を促す可能 用。无论障碍情况多么严重,使用康复
性を秘めている。福祉用具を使用すること 器材都有可能让他们过上自力更生(自 で、どんなに重い障害を抱えていても自立 律)的生活。 (自律)した生活を送れる可能性をはらんで
いる。
 移動やコミュニケーションのための道具 移动和通讯工具对社会参与也有很
は同時に社会参加にも役立つが、それには道 大影响,如果同时改善物理环境,整备 路や市役所、学校等公共の建物、銀行やデパ 道路、市政府、学校等公共设施,以及
ート等の生活に必要な建物等の物理的環境 银行、百货商店等日常生活必要的场所,
の整備が伴うとより有効になる。 会产生更好的效果。
 福祉用具には治療としても使う用具と、生 康复器材可以分为治疗用设备和与
活に密着し生活の道具として使う用具に分 生活密切相关的生活工具。助听器可以 けることができる。補聴器は低下した聴力を 弥补听力低下,保证沟通。假肢可以弥
補いコミュニケーションを確保する。義足は 补腿部缺失,残疾人可以自己驱动轮椅
失った足を補い、また車椅子は自分で駆動す
ることで移動手段を確保する。片麻痺の人が 确保移动。偏瘫患者经常使用的假肢可
以增强站立时的稳定性,走路更加方便。
よく使う補装具は立位の安定性を高め歩行
をしやすくする。このようにして日常生活に
役立つ。治療としても使う用具は反張膝を防
ぐための補装具や、車椅子のシートを工夫し 康复器材就是这样在日常生活中发挥作
用。治疗时使用的器具要符合每种疾病
的特点,例如防止膝关节反曲的假肢,
通过调节座位来缓解脑瘫患者肌肉高度
55
て脳性麻痺の人の高い筋緊張に対応したも 紧张的轮椅。
のなど、各障害の特性に合わせて治療的側面
をもたせてある。
生活に密着した福祉用具は、移動用リフ 与生活密切相关的康复器材包括一 ト、特殊ベッド(ギャッチペッド)、ポータブ 些大型设备,如移动式升降机、多功能
ルトイレなどの大型のものから片手で使え 床(盖奇床)和便携式马桶,还包括一 る皿や握りやすいスプーン等の小型のもの 些小型用具,如可以单手使用的盘子、
と限りなく考えられる。そして、機能障害と 易于抓握的勺子。另外根据功能障碍和
生活状况に応じて、日常生活のなかでの工夫 生活状况,也可以在日常生活中设计、 でも福祉用具は生まれる。一例として、片手 制造康复器具。 例如,一只手吃饭时餐
で食事をすると食器が動きやすいが、食器を 具容易移动,为了固定餐具,在下面铺 固定するために食器の下にぬれ布巾を敷け 上一块湿布,就能与市场上卖的防滑垫
ば、市販の滑り止めシートと同じ機能にな 起到同样的效果。
る。
福祉用具は補装具、日常生活用具とも呼ば 康复器材还被称为辅助设备、日常 れ、身体障害者福祉法、老人福祉法、児童福 生活用具,它也是《身体障碍者福利法》
祉法、介護保険法、国民健康保険法、厚生年 《老年人福利法》《儿童福利法》《护理
金法、労慟者災害補償保験法などの給付・貸 保险法》《国民健康保险法》《厚生年金 与の対象にされているものもある。 法》《劳动者灾害补偿保险法》等发放补
助金和贷款的对象。
Ⅱ効果的使用のための条件 Ⅱ有效利用的条件
障害者が福祉用具を実生活において効果 为了让残疾人在现实生活中有效地
的に使用するためには、他の商品のように一 使用康复器材,像其他产品一样仅提供
般の効能書きの情報提供だけでは不十分で、 普通说明书信息是远远不够的,很多器
使いこなすのが困難な用具が多い。福祉用具 材难以运用自如。为了引进康复器材并 を導入し、効果的に使用するためにはその要 有效利用,要在确认是否需要器材、选
否、種類の決定にあたり、多面的な検討が必 择器材类型时进行多方面探讨。 要になる。
 その 1 つに、機能障害を適切に判断するこ 其一是要正确判断功能障碍,也就
と、つまりリハビリテーション医学の関与が 是需要康复医学参与。不仅如此,为了 ある。それだけでなく、生活に密着しての使 康复器材可以贴合日常生活使用,它还
用のため、広いスペースを要するなど住宅状 需要广阔的空间。所以要掌握一定的客 況、使用する人の行動範囲、介護の仕方等生 观信息,如住房条件、患者行动范围、
活状況という客観的状況の把握も必要にな 护理方式。此外,残疾人本人、家人和
る。さらに、本人・家族と専門職の間で福祉 专业人士之间对于是否需要康复器材, 用具に対する必要性の認識の食い違いがあ 会存在意见分歧,家庭人际关系也会影
ったり、家族関係等人間関係が福祉用具の使 响康复器材的使用情况。 用に影響することもある。
福祉用具の導入に否定を示す人の理由は 一些人对于引入康复器材持否定态
「見栄えが悪い」「本人が必要と考えない」 度,原因为“外型差”“当事人觉得没有 「煩わしい」「家族の介護負担が増大する」 必要”“繁琐”“家人看护负担加重”“使
「利用することで家族の居住空間が狭くな 用时会减少家人的生活空间”“从过去的 る」「過去の使用経験から使い勝手が悪い」 使用经验来看,用起来很不方便”“担心
「費用が気になる」等さまざまである。 成本”等等。
福祉用具の導入後にも安全に、効果的に使 引进康复器材后,为了安全、有效
56
用するために維持管理が必要な用具も多い。 地使用,很多器材还需要维护和管理。
たとえば杖先のゴムは使えば摩耗し、摩耗し 例如,拐杖底部的橡胶,使用时会出现
たまま使えば事故につながる。機能障害が変 磨损,在磨损的情况下继续使用会导致
化すれば身体に合わなくなることもある。誤 事故发生。如果功能障碍发生变化,器 った使い方や管理・手入れが不行き届きのま 材可能也不再适用于身体。如若使用不
ま使用すると事故や障害の悪化(誤用)を招 当,管理、维护不够彻底,可能会出现 きかねない。所持していても使わなければ、 事故,以及导致病情恶化(误用)。即使
邪魔になったり、費用の無駄使いになる。 有却不使用,也会非常碍事,浪费金钱。
 生活状況、機能障害、利用者の指向する生 在以生活状态、功能障碍、使用者
活にあった福祉用具の使用には福祉用具を 为导向的生活中,使用康复器材时,如
展示し、情報を提供するだけでは、安全性、 果只是展示康复器材,提供相关信息, 安楽性、活動性を高める福祉用具選びには結 会很难选择出可以提高安全性、舒适性、
びつきにくい。福祉用具をうまく活用するに 灵活性的用具。为了充分利用这些康复
は、多様な専門職が障害者の生活福祉用具を 器材,各种专业人士也要在残疾人日常 結びつける機能を発揮することが不可欠に 使用康复器材方面,发挥不可或缺的作 なる。 用。
57

学术论文网提供数万篇的免费毕业论文、硕士论文、博士论文、sci论文发表的范文供您参考,并提供经济、管理、医学、法律、文学、教育、理工论文、mba作业、英语作业的论文辅导写作、发表等服务,团队实力雄厚,多达人,帮您解决一切论文烦恼。

【论文范文:《残疾人人权与康复训练》翻译实践报告】相关文章

热点排行

推荐阅读

付费下载

付费后无需验证码即可下载

限时特价:原价:

微信支付

支付宝支付

微信二维码支付

付费后无需验证码即可下载

支付金额:

支付成功